ビジネスパーソンの英語コミュニケーションのために

ETNのアプローチ

2.ビジネスコミュニケーション能力の学習目標
「ことば」の能力 - 文法の学習目標

文法学習の目標は、まず基本的な文法項目(高校1年程度)を理解し、そしてそれを使えるようにしていく同時に、徐々に高度な文法項目も理解していくこと。

難解な文法項目は無視して、例文記憶でカバーした方が効率的な場合もあります。また、一般的にものを習得するときには、まずは大局を理解しておくことが大切です。始めは細部を気にせず、おおまかに理解し、こまかい事はその後で少しずつ覚えてく方が脳に定着しやすいといいます*1

文法学習の目標

言語の習得を効率的にしてくれる文法の学習は重要です。

そもそも文法は学習すべきなのか疑問に思っている方もいると思います。文法とは、単語の変化や活用、そしてその並べ方などの言語の規則性(=ルール)のことをいいます。文法の本来の目的は、そのルールを理解することで、その言語の習得を出来るだけ簡単にすることです。「英語を習得するのに文法の学習は必要ない」といわれることがありますが、それはある意味正当な意見です。なぜならば、文法を学習しなくても、英語の習得は不可能ではないからです。ただ、非常に非効率なだけです。単純な例ですが、“You play”なのに“He plays”、“Tom plays” なのに、“Tom and Jerry play”です。三人称単数現在の場合は、一般動詞に“s”が付くルールを知らなければ、Youの場合、Heの場合、Tomの場合、Tom and Jerryの場合など、いちいちそれぞれの場合に“s”が付くかどうかを全て覚えなければなりません。これは非常に非効率です。文法の学習は、大人が効率的に英語を学習するうえで手助けになるものです。受験英語と違い、説明を読んでも理解できない難解な文法は無視した方が効率的な場合もありますが、高校1年生くらいまでに学習したことプラスαの文法の知識は、英語の習得を格段に効率化してくれます*2

なぜ文法の学習は必要なのか?

子どもが文法を学習しなくても言語を習得できるのは、子どもと大人の脳の性質が異なるからです。

上記の説明をしても納得がいかなく、「子どもは文法なんか学習しないじゃないか!」と主張する方がいます。しかし残念ながら、子どもの脳には可能でも大人の脳には不可能なことがあります。これは脳科学研究から指摘されていることです。脳の性質については別途詳しく説明しますので、ここでは簡単に理由を説明したいと思います。子どものころの脳は「九九」などの丸暗記を得意としています。脳科学的にいうと、それは「意味記憶」の能力が発達しているからです。その「意味記憶」の能力が発達している状態では、文法のようなルールは、意識的に学習しなくても自然に身に付きます。しかしながら、この「意味記憶」の能力は大人になると衰退していき、文法のようなルールが自然に身に付きにくくなります。一方で大人の脳は、「意味記憶」の能力が衰退する代わりに、ものごとをよく理解して覚える「エピソード記憶」の能力が発達します。従って、大人は、その脳の性質から、文法を意識的に学習する必要があり、また、その能力が発達しているということになります。

子どもは文法を学習しないが?

難解な文法は無視して、例文を覚えた方が効率的な場合もあります。

言語学者のうち、文法を研究している学者の方々は、言語の規則性を発見することが仕事の一つであり、その規則性を文法と呼びます。既に述べましたが、その本来の目的は、その規則性を理解することで、その言語の習得を促進することです。しかしながら、その文法が「学問」になってしまうと、その本来の目的を逸脱し、文法のための文法、つまり、言語を習得するためにはあまり重要ではない、または役に立たない文法がでてくることも事実です。そのような文法は難解なものが多いといえるでしょう。規則性(文法)を学習することは、言語を習得する近道であることは間違いありません。しかしながら、あまり難解なものを理解・覚えようとすることは、費用(時間)対効果を考えると無駄になる確率が高いと言えます。その場合は、例文を覚えた方が効率的です。

*1
池谷裕二(2001)「記憶力を強くする〜最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方」
*2
白井恭弘(2008)「外国語学習の科学〜第二言語習得論とは何か」
ページトップへ戻る
ETNのアプローチ
グローバルビジネスに必要な能力
コミュニケーション能力の学習目標
  • ことばの能力
  • 語彙
  • 文法
  • 発音
  • 流暢さ
  • 社会言語要素
  • ことば以外の能力
英語の効率的な学習アプローチ
  • 効率的な学習アプローチ
  • インプットとアウトプット
  • 基礎からの学習と定型表現
  • 理解 → 記憶 → 自動化
英語を習得できない理由
脳科学的に効果的な学習習慣
英語習得に必要な学習時間
英語学習のための脳科学入門
英語学習のための第二言語習得研究入門
ビジネスパーソンの皆様へ
ビジネスパーソンの皆様へ
英会話ETNトレーニング法
英会話自主トレMENU
おすすめ英語教材
おすすめ英語スピーチ
おすすめ英語名言
ビジネス英語表現
英語の語源
英語の発音
英語学習のヒント
ETN代表ブログ
facebook
LinkedIn
Google+
Twitter