ビジネスパーソンの英語コミュニケーションのために

ETNのアプローチ

2.ビジネスコミュニケーション能力の学習目標
「ことば」の能力 - 社会言語要素の学習目標

社会言語要素は、グローバルなビジネス社会でよく使用される独特な意味を持つ語彙、状況に応じた適切な表現をビジネスのシチュエーション毎に学ぶことが第一通過地点です。

文化や歴史などの社会背景の違いにより、同じ語彙や表現でも違う意味を持ったり、適切であったり不適切であったりする要素であり、体系化されていない知識が多いので習得が非常に難しい項目です。ビジネスパーソンとしては、ミーティング、プレゼンテーションなどのビジネスのシチュエーション毎の定型表現を学習する際に同時に学ぶと効率的です。そしてそれ以外については、英語を支えている社会、文化、歴史などの様々な分野の広い知識と共に、時間をかけて常識の一部として徐々に身につけていくしかありません。コミュニケーションしている相手が非ネイティブの場合は、英語圏のみならず、相手の国の文化などの知識とともに社会言語要素の知識も得ておくことは円滑なコミュニケーションにつながります。

社会言語要素とは?

社会言語要素の例

社会言語要素の学習目標

ページトップへ戻る
ETNのアプローチ
グローバルビジネスに必要な能力
コミュニケーション能力の学習目標
  • ことばの能力
  • 語彙
  • 文法
  • 発音
  • 流暢さ
  • 社会言語要素
  • ことば以外の能力
英語の効率的な学習アプローチ
  • 効率的な学習アプローチ
  • インプットとアウトプット
  • 基礎からの学習と定型表現
  • 理解 → 記憶 → 自動化
英語を習得できない理由
脳科学的に効果的な学習習慣
英語習得に必要な学習時間
英語学習のための脳科学入門
英語学習のための第二言語習得研究入門
ビジネスパーソンの皆様へ
ビジネスパーソンの皆様へ
英会話ETNトレーニング法
英会話自主トレMENU
おすすめ英語教材
おすすめ英語スピーチ
おすすめ英語名言
ビジネス英語表現
英語の語源
英語の発音
英語学習のヒント
ETN代表ブログ
facebook
LinkedIn
Google+
Twitter