ビジネスパーソンの英語コミュニケーションのために

ETNのアプローチ

2.ビジネスコミュニケーション能力の学習目標
ことば以外の能力

「ことば以外の能力」は、社会言語要素同様、ビジネスのシチュエーション毎に学ぶことが第一通過地点です。

「ことば」は、コミュニケーションをとるための手段の一つに過ぎず、その伝え方などの「ことば以外の要素」が、「ことば」以上にコミュニケーションにおいて大きな意味を持つ場合があります。「ことば以外の要素」とは、コミュニケーション上のルールやマナー、ボディ・ランゲージ、プレゼンテーションやミーティングの進め方、英語での論理的な文章の書き方や話し方、交渉術などが含まれます。そしてこのような知識は、英語力が向上するほど当然のこととして期待されるので重要度が高まることになります。従って、このような要素に関する知識を習得することはビジネスを成功に導くためには重要です。しかしながら、社会言語要素と同じく、文化的な違いからくる要素も多く、体系化されていない知識が多いので習得が難しいことも事実です。 また、センシティブな事も多いので、指摘されることも少なく、ビジネスの実践の場で習得することも難しいといえます。従って、ビジネスのシチュエーション毎に学んだ後は、社会言語要素と同様、英語を支えている社会、もしくはコミュニケーションする相手の社会、文化、歴史などの様々な分野の広い知識と共に、柔軟に、時間をかけて常識の一部として身につけていくしかありません。

社会言語要素とは?

ことば以外の要素の例

ことば以外の要素の学習目標

英語での論理的な文章の書き方や話し方、交渉術は、体系化されている知識なので、書籍などで学習することも可能です。

基本的なことですが、英語で文章を書く場合は、emailを含めて、一番言いたいことは一番最初に書き、その後に詳細な説明や例を書くことが基本のスタイルとなります。日本語では結論は最後に書くことが普通なので、その書き方に慣れている人は注意が必要です。このような文章の書き方のほか、プレゼンテーションでの話し方、ビジネスでの交渉の仕方など、日本での常識とは異なる場合がありますが、これらのノウハウはある程度体系化された知識となっています。ビジネスのシチュエーション毎に学ぶ事も有効ですが、書籍や講座などで体系的に学ぶ事も効率的です。

英語「言わなくてもわかるだろう」の「ハイ・コンテクスト文化」でのコミュニケーション方法は、「言わなければわからないだろう」の「ロー・コンテクスト文化」の環境では通用しません。

日本の文化的な要素がコミュニケーションに大きな影響を与える一つの重要な例について説明したいと思います。アメリカの文化人類学者であるエドワード・ホール氏が提唱している概念に、「ハイ・コンテクスト文化」と「ロー・コンテクスト文化」というものがあります。簡単に言うと、ハイ・コンテクスト文化のもとでは、いちいち言葉で伝えなくても、相手の意図を察し合うことでコミュニケーションが成り立ちやすく、ロー・コンテクスト文化のもとでは、言葉で理論的に証明しなければ意思疎通が難しいということを意味しています*1。言うまでもなく、日本は前者のハイ・コンテクスト文化であり、アメリカなどの移民国家や、北ヨーロッパ諸国はロー・コンテクスト文化といわれています。そして、グローバルなビジネス環境もロー・コンテクスト文化だといえるでしょう。グローバルなビジネス環境では、論理的思考力を発揮して全力で相手を説得する必要がある場面によく遭遇することになります。一方で日本の社会ではそのような議論は避ける傾向があり、日本人は概して苦手ではないでしょうか。もちろん、ロー・コンテクスト文化の方がハイ・コンテクスト文化よりも優れているという事ではありません。しかしながら、ロー・コンテクスト文化であるグローバルなビジネス社会で伍していくためには、自分の意見を理路整然と明確に表現し、議論できるスキル、すなわちディベート力も身につけておくことも必要です。それが交渉力の強化につながります。

*1
Harvard Business Review 2012年10月号
ページトップへ戻る
ETNのアプローチ
グローバルビジネスに必要な能力
コミュニケーション能力の学習目標
  • ことばの能力
  • 語彙
  • 文法
  • 発音
  • 流暢さ
  • 社会言語要素
  • ことば以外の能力
英語の効率的な学習アプローチ
  • 効率的な学習アプローチ
  • インプットとアウトプット
  • 基礎からの学習と定型表現
  • 理解 → 記憶 → 自動化
英語を習得できない理由
脳科学的に効果的な学習習慣
英語習得に必要な学習時間
英語学習のための脳科学入門
英語学習のための第二言語習得研究入門
ビジネスパーソンの皆様へ
ビジネスパーソンの皆様へ
英会話ETNトレーニング法
英会話自主トレMENU
おすすめ英語教材
おすすめ英語スピーチ
おすすめ英語名言
ビジネス英語表現
英語の語源
英語の発音
英語学習のヒント
ETN代表ブログ
facebook
LinkedIn
Google+
Twitter