ビジネスパーソンの英語コミュニケーションのために

ETNのアプローチ

3.英語の効率的な学習アプローチ

科学的に最も効率的な英語の学習方法は、①「インプットとアウトプットの両方を重視」②「語彙や文法などの基礎からの習得と定型表現の習得」、そして③「理解→記憶→自動化のプロセスを重視」。

第二言語習得研究からは、インプットとアウトプットの両方が欠かせないこと、語彙・文法などの知識の習得と自動化、そして定型表現の習得で補足することが効率的に第二言語を習得するために必要であると結論づけられます。脳科学研究からは、子どもと大人の脳の性質の違いを理解することと、エピソード記憶の手続き記憶化を考慮することが効率的な英語の習得につながると示唆されます。

英語の効率的な学習方法

第二言語習得研究と脳科学研究からの示唆

*1
Harvard Business Review 2012年10月号
ページトップへ戻る
ETNのアプローチ
グローバルビジネスに必要な能力
コミュニケーション能力の学習目標
  • ことばの能力
  • 語彙
  • 文法
  • 発音
  • 流暢さ
  • 社会言語要素
  • ことば以外の能力
英語の効率的な学習アプローチ
  • 効率的な学習アプローチ
  • インプットとアウトプット
  • 基礎からの学習と定型表現
  • 理解 → 記憶 → 自動化
英語を習得できない理由
脳科学的に効果的な学習習慣
英語習得に必要な学習時間
英語学習のための脳科学入門
英語学習のための第二言語習得研究入門
ビジネスパーソンの皆様へ
ビジネスパーソンの皆様へ
英会話ETNトレーニング法
英会話自主トレMENU
おすすめ英語教材
おすすめ英語スピーチ
おすすめ英語名言
ビジネス英語表現
英語の語源
英語の発音
英語学習のヒント
ETN代表ブログ
facebook
LinkedIn
Google+
Twitter