ビジネスパーソンの英語コミュニケーションのために

ETNのアプローチ

3.英語の効率的な学習アプローチ
インプットとアウトプット

①第二言語習得研究から、英語を効率的に習得するには、多量の「インプット」に加え「アウトプットの必要性」におかれることが必要といわれています。

米ピッツバーグ大学言語学科の白井恭弘教授は、「インプットが言語習得の重要なメカニズムであるということは言語習得研究の世界で否定する研究者はいない。しかしながら言語習得に必要な最低条件は、「インプット」に加え「アウトプットの必要性*1」であると指摘しています。ここで注意したいのは、白井教授のいう「インプット」とは、単に「聞き流すだけ」ではありえません。「語彙の意味や文の構造を理解しながら聞くこと、読むこと」を指しています。「アウトプットの必要性」とは、実際にアウトプットすることが一番効果的ですが、少なくともアウトプットの必要性のある状況におかれること、そして頭の中でリハーサルする事が必要ということです。白井教授の書籍に、インプットだけでは言語習得ができないということを示唆する興味深い事例が2つ紹介されていますので、以下に引用させていただきます*2

「テレビからは言語習得ができない」こと、そして「受容的バイリンガル」という現象から、「アウトプットの必要性」が導き出されます。

一つ目はテレビからは言語習得ができないという事例です。両親が聴覚障害でことばが話せず、主にテレビから言語を習得した三歳九ヶ月の子どもがアメリカでケースワーカーに発見されたのですが、その子に話させると文法的にかなり不自然だったといいます。また、生後九ヶ月の英語習得中のアメリカ人の子どもに合計五時間中国語を聞かせたところ、生身の人間が聞かせた子どもは英語にはない中国語の音声を聞き分ける能力が身についたということを示したのですが、ビデオで聞かせた子どもは全く身につかなかったということです。これらが「テレビからは言語習得ができない」という一つ目の事例です。そして二つ目は「受容的バイリンガル」と呼ばれるケースです。たとえば日系アメリカ人の場合で親が子どもに日本語で話すようにしても、子どもは学校等で英語が主要な言語になってしまい、日本語は聞いて理解できるけど話せない、つまり親は日本語で話しかけても子どもは英語で答えるという状況になります。この受容的バイリンガルや、一つ目の事例のテレビを見て育った子どもは、インプットを理解する必要はあっても、話す必要性がない。従って聞いてわかるための能力は身についたのですが、発話しないために話す能力が発達しなかったと言われています。

脳科学の立場からもアウトプットは重要だということが発表されました。

科学雑誌「サイエンス」に発表された、米パデュー大学のカーピック博士の脳科学に関する研究論文*3によると、「私たちの脳は、情報を何度も入れ込む(学習する)よりも、その情報を何度も使ってみる(想起する)ことで、長期間安定して情報を保持することができる」ことがわかったそうです。これは、インプットよりもアウトプットを繰り返す方が、脳回路への情報の定着を促進するということです。英語の学習では、「読む・聞く」インプットを繰り返すよりも、「書く・話す」アウトプットを繰り返す方が効率的に記憶できるということです。また、参考書を繰り返し丁寧に読むより、問題集を繰り返しやるほうが、効果的な学習が期待できるということにもつながります。

初級者にはインプットを多くし、学習がすすむにつれアウトプットを増やしていく。そしてすこしずつでも毎日両方やることが重要です。

現状の日本人学習者はインプットの量が圧倒的に不足していると白井教授は指摘しています。英語のメッセージを理解する(いちいち日本語に訳さずに)、すなわちインプットによって、英語の音声、語彙、文法の自然な習得が進みます。一方でアウトプットについては、あまり基礎力がないうちからアウトプットを強制すると、「変な」英語が身についてしまうおそれがあるといいます。自分で苦労して生み出した「変な」英語が脳に定着しやすくなるためです。十分なインプットなしにアウトプットばかりに重点を置くことは効果的・効率的な英語習得方法とはいえません。特に学習初期の段階では、すでに学んだ表現だけでアウトプットできるようにするなど、インプットとアウトプットに費やす学習時間の配分を工夫する必要があります。アウトプットをするには文法処理をせざるを得なくなるので、アウトプットは文法理解の促進にも非常に有効だといわれています。しかしながら、どの段階でどのように行うかについての十分な注意が必要になります。

*1
白井恭弘(2008)「外国語学習の科学〜第二言語習得論とは何か」
*2
南カリフォルニア大学のスティーブン・クラシェンは、「言語習得は、母語も外国語も言語内容を理解することによってのみおこる」という、言語学の世界では有名な「インプット仮説」を提唱している。
*3
「サイエンス」(2008年2月15日号)
ページトップへ戻る
ETNのアプローチ
グローバルビジネスに必要な能力
コミュニケーション能力の学習目標
  • ことばの能力
  • 語彙
  • 文法
  • 発音
  • 流暢さ
  • 社会言語要素
  • ことば以外の能力
英語の効率的な学習アプローチ
  • 効率的な学習アプローチ
  • インプットとアウトプット
  • 基礎からの学習と定型表現
  • 理解 → 記憶 → 自動化
英語を習得できない理由
脳科学的に効果的な学習習慣
英語習得に必要な学習時間
英語学習のための脳科学入門
英語学習のための第二言語習得研究入門
英会話ETNトレーニング法
ビジネス英語定型表現byETN
英語の語源byETN
英語の発音byETN
ETN代表ブログ
facebook
LinkedIn
Google+
Twitter