ビジネスパーソンの英語コミュニケーションのために

ETNのカリキュラム

3.ETNのカリキュラムでの具体的な学習方法
定型表現

定型表現を効率的に習得するために、語彙や文法構造を理解した後、意味、文法構造、スペリング、発音を意識しながら繰り返し聞くこと、そして口に出したり、書いたりすることでアウトプットすることを重視します。

そして、ビジネスでの様々な状況を想定し、学習者の実際の仕事と結びつけながら習得します。ビジネス英語のように特定の集団内で使われる言葉には、日常生活以上に定型表現が多いといわれています。ビジネスでの定型表現については、学習者に適した市販のテキストを使用し、日本人Tutorと意味や文法、基本的な発音・イントネーションを確認(理解)した後に、自主学習で、意味、文法構造、スペリング、発音(ストレス・イントネーション・リズムを含む)を意識しながら繰り返し聞き、リピーティングします。そしてネイティブとのTutorで、更にリピーティングや暗唱などを繰り返しながら、発音・ストレス・イントネーション・リズムを矯正しつつ、記憶と自動化を促進していきます。また、学習者の実際の仕事となるべくリンクさせ、ビジネスの状況別にすぐに使える表現を習得していきます。

①定型表現は理解してから聞いて覚える。

大人の脳は理解して理論や理屈を覚えることが得意です。まずは意味と文法項目をよく理解すること。そして、文法構造と意味を意識しながら繰り返し読むこと、そして聞くことです。特に目の記憶より耳の記憶のほうが心に残るので、繰り返し聞くことが有効です。

②覚えようとする定型表現を使うこと。

人間の脳は、情報を何度も入れ込むよりも、その情報を何度も使ってみる、想起する方が、長期間安定して記憶することができる性質をもっています。覚えようとしている定型表現を繰り返し使ってみることです。仕事で実際に使ってみてください。

③自分の経験と結びつけること。

脳科学研究から、覚えたいことを自分の体験と結びつけることで、大人の脳が得意とするエピソード記憶化することができるといわれています。実際の仕事の状況を想定してプレゼンテーションやミーティングのシミュレーションを行うなどすれば、覚えやすくなると同時に実践ですぐに使える表現も身に付きます。

定型表現:科学的な学習方法
定型表現:ETNのアプローチ

ページトップへ戻る
ETNのカリキュラム
ETNのカリキュラム概要
ETNの考え方
ETNの学習方法
  • 語彙
  • 文法
  • 発音
  • 流暢さ
  • 定型表現
  • 社会言語要素とことば以外の要素
音読・シャドーイングの方法
  • 音読の方法
  • シャドーイングの方法
  • 多読の方法
英語学習のための脳科学入門
英語学習のための第二言語習得研究入門
英会話ETNトレーニング法
ビジネス英語定型表現byETN
英語の語源byETN
英語の発音byETN
ETN代表ブログ
facebook
LinkedIn
Google+
Twitter