ビジネスパーソンの英語コミュニケーションのために

ETNのカリキュラム

4.音読・シャドーイング・多読の方法
音読の方法

自動化に有効な音読および黙読の方法をご紹介します。なお、下記の何れの場合も、文章の前から、意味のかたまりごとに理解しながら読むことが重要です。後ろから訳し戻る癖から抜け出せない限り、流暢さの向上は期待できないからです。

①CDを聞く

英文を見ないで、内容(語彙の意味)や文の構造(文法や構文)を理解(しようと)しながらCDを聞く。

②黙読

内容や文の構造を理解しながら、声を出さずに読む。わからないところがあれば確認する。

③CDを聞きながら黙読

CDの音声のペースについていきながら、内容や文の構造を理解しながら文章を目で追う。

④CDを聞きながら音読

CDで1文を聞いたらCDを止めて、内容や文の構造を理解しながら1文ずつ音読する。

⑤音読

内容や文の構造を理解しながら、全文を最初から声を出して読む。

⑥パラレル・リーディング(Parallel Reading)

CDの音声に合わせて、内容や文の構造を理解しながら、一緒に声を出して読む。

⑦リップシンク(Lip Synch)

(声が出せない場所では) CDの音声に合わせて、声を出さずに口だけを動かしながら、内容や文の構造を理解しながら文章を目で追う。

ページトップへ戻る
ETNのカリキュラム
ETNのカリキュラム概要
ETNの考え方
ETNの学習方法
  • 語彙
  • 文法
  • 発音
  • 流暢さ
  • 定型表現
  • 社会言語要素とことば以外の要素
音読・シャドーイングの方法
  • 音読の方法
  • シャドーイングの方法
  • 多読の方法
英語学習のための脳科学入門
英語学習のための第二言語習得研究入門
英会話ETNトレーニング法
ビジネス英語定型表現byETN
英語の語源byETN
英語の発音byETN
ETN代表ブログ
facebook
LinkedIn
Google+
Twitter