ビジネスパーソンの英語コミュニケーションのために

ETNのカリキュラム

4.音読・シャドーイング・多読の方法
シャドーイングの方法

シャドーイングについては、門田教授は、英文の内容を全く確認しないで行う「Bottom-up Shadowing」と、英文の内容を確認してから行う「Top-down Shadowing」を提唱しています。ここでは後者の「Top-down Shadowing」の方法をご紹介します。尚、ここでも文章の前から、意味のかたまりごとに理解することが重要です。

①CDを聞く

英文を見ないで、内容(語彙の意味)や文の構造(文法や構文)を理解(しようと)しながらCDを聞く。

②黙読

内容や文の構造を理解しながら、声を出さずに読む。わからないところがあれば確認する。

③パラレル・リーディング(Parallel Reading)

CDの音声に合わせて、内容や文の構造を理解しながら、一緒に声を出して読む。

④シャドーイング(Shadowing)

英文を見ないで、内容や文の構造を理解しながら、CDの音声を影のようにぴったり追いかけるように復唱する。

⑤リピーティング(Repeating)

英文を見ないで、CDで1文を聞いたらCDを止めて、内容や文の構造を理解しながら1文ずつ暗唱する。

ページトップへ戻る
ETNのカリキュラム
ETNのカリキュラム概要
ETNの考え方
ETNの学習方法
  • 語彙
  • 文法
  • 発音
  • 流暢さ
  • 定型表現
  • 社会言語要素とことば以外の要素
音読・シャドーイングの方法
  • 音読の方法
  • シャドーイングの方法
  • 多読の方法
英語学習のための脳科学入門
英語学習のための第二言語習得研究入門
英会話ETNトレーニング法
ビジネス英語定型表現byETN
英語の語源byETN
英語の発音byETN
ETN代表ブログ
facebook
LinkedIn
Google+
Twitter