Vowels

英語の母音は 20 以上あります

発音記号

発音方法

単語例

/ i ː /

唇を横に引っぱり、舌を緊張させて「イー」と強めに長く発音する。/:/は長く引っ張って発音する。

he /hiː/

speak /spíːk/

more

/ i /

日本語の「イ」と「エ」の中間の音。唇と舌は緊張させずに、日本語の「エ」の口の形で「イ」と発音する。

it /ít/

minute /mínət/

more

/ e /

日本語の「エ」に近い発音。ただし、日本語の「エ」よりも若干下顎を下げて、口を開けて発音する。

egg /ég/

step /stép/

more

/ æ /

口を広めに開けて、唇を左右に思い切って引っぱり「ア」と「エ」を同時に言う感じで発音する。

apple /ǽpl/

happy /hǽpi/

more

/ ɑ /

唇を左右に開かずに、しかし日本語の「ア」よりも口を大きく開け、喉の奥の方から「ア」と発音する。

box [米]/bɑ́ks/

hot [米]/hɑ́t/

more

/ ɑ ː /

唇を左右に開かずに、しかし日本語の「ア」よりも口を大きく開け、喉の奥の方から「アー」と強めに長く発音する。/:/は長く引っ張って発音する。

calm /kɑ́ːm/

ask [英]/ɑ́ːsk/

more

/ ʌ /

日本語の「ア」に近い発音。ただし、日本語の「ア」よりも若干口を狭く開き、短く喉の奥の方で「アッ」と発音する。

but /bʌ́t/

come /kʌ́m/

more

/ ɔ /

日本語の「オ」よりも口を縦に大きくあけ、唇をまるくして前に出すようにし、日本語の「オ」と「ア」の中間の音を、やや伸ばして「オー」と発音する。

dog /dɔ́(ː)g/

off /ɔ́(ː)f/

more

/ ɔ ː /

日本語の「オ」よりも口を縦に大きくあけ、唇をまるくして前に出すようにし、日本語の「オ」と「ア」の中間の音を、のどの奥の方に力を入れて伸ばしながら「オー」と発音する。/:/は長く引っ張って発音する。

call /kɔ́ːl/

walk /wɔ́ːk/

more

/ u /

唇をまるくして前に突き出し、日本語の「ウ」を発音する時より若干口の奥を広く開け、日本語の「オ」を言うつもりで、短く「ウ」と発音する。

put /pút/

good /gúd/

more

/ u ː /

唇をまるくして前に突き出しながら「ウー」と長めに発音する。日本語の「ウー」に近いが、日本語の「ウー」よりも唇をまるくして前に突き出す。/:/は長く引っ張って発音する。

two /túː/

room /rúːm/

more

/ ə /

口を狭く開け、舌など口の中をリラックスさせて、「ア」と「ウ」の中間の音をあいまいに発音する。

about /əbáut/

banana /bənǽnə/

more

/ ei /

/e/ は、日本語の「エ」よりも若干下顎を下げて、口を開けて発音する。/e/ は日本語の「イ」で良い。/e/ を強く長く、/i/ を弱く短く発音するようにし、つづけて「エーイ」と発音する。「エ」「イ」と別々に発音しない。

say /séi/

eight /éit/

more

/ ai /

/a/ は、日本語の「ア」より口を大きく開け、強く若干長めに発音し、 つづけて/i/ は、口を狭くしながら軽く添えるように、「アーイ」と発音する。「ア」「イ」と別々に発音しない。

eye /ái/

rice /ráis/

more

/ ɔi /

/ɔ/ は、日本語の「オ」よりも口を縦に大きくあけ、唇をまるくして前に出すようにし、日本語の「オ」と「ア」の中間の音を、やや伸ばして「オー」と発音し、つづけて /i/ は、口を狭くしながら軽く添えるように、「オーイ」と発音する。「オ」「イ」と別々に発音しない。

oil /ɔ́il/

boy /bɔ́i/

more

/ au /

/a/ は、日本語の「ア」より口を大きく開け、強く若干長めに発音し、つづけて /u/ は、唇をまるくして前に突き出しながら、軽く添えるように、「アーウ」と発音する。「ア」「ウ」と別々に発音しない。

out /áut/

down /dáun/

more

/ ou /

唇を少し丸めて、日本語の「オ」と「ア」の中間のような音を、強く若干長めに発音し、つづけて /u/ は、唇をまるくして前に突き出しながら、軽く添えるように、「オーウ」と発音する。「オ」「ウ」と別々に発音しない。

go /góu/

open /óup(ə)n/

more

/ ər /

口は広く開けないで、舌全体を奥に丸める様にして、弱く「ア」と発音する。舌を丸める際、舌を上アゴに触れない様にすること。

father /fɑ́ːðər/

over /óuvər/

more

/ iər /

唇を横に引っぱり、舌を緊張させて「イ」と強めに発音し、つづけて /ər/ は、口は広く開けないで、舌全体を奥に丸める様にして、軽く添えるように「イーア」と発音する。舌を丸める際、舌を上アゴに触れない様にすること。「イ」「ア」と別々に発音しない。

ear /íər/

here /híər/

more

/ eər /

日本語の「エ」よりも口を開けて「エ」と強めに発音し、つづけて /ər/ は、口は広く開けないで、舌全体を奥に丸める様にして、軽く添えるように「エーア」と発音する。舌を丸める際、舌を上アゴに触れない様にすること。「エ」「ア」と別々に発音しない。

air /éər/

there /ðéər/

more

/ uər /

唇をまるくして前に突き出し、日本語の「ウ」を発音する時より若干口の奥を広く開け、日本語の「オ」を言うつもりで「ウ」と強めに発音し、つづけて /ər/ は、口は広く開けないで、舌全体を奥に丸める様にして、軽く添えるように「ウーア」と発音する。舌を丸める際、舌を上アゴに触れない様にすること。「ウ」「ア」と別々に発音しない。

tour /túər/

poor /púər/

more

/ əːr /

口は広く開けないで、舌全体を奥に丸める様にして、長めに発音する。/:/は長く引っ張って発音する。舌を丸める際、舌を上アゴに触れない様にすること。

her /həːr/

work /wə́ːrk/

more

/ ɑːr /

日本語の「ア」よりも縦に口を大きく開け、喉の奥の方から「アー」と長めに発音し、つづけて /r/ は、舌を上アゴに触れない様に奥に丸めて、付け足す様に発音する。/:/は長く引っ張って発音する。

are /ɑ́ːr/

dark /dɑ́ːrk/

more

/ ɔːr /

日本語の「オ」よりも口を縦に大きくあけ、唇をまるくして前に出すようにし、日本語の「オ」と「ア」の中間の音を、のどの奥の方に力を入れて伸ばしながら「オー」と発音し、つづけて /r/ は、舌を上アゴに触れない様に奥に丸めて、付け足す様に発音する。/:/は長く引っ張って発音する。

door /dɔ́ːr/

store /stɔ́ːr/

more

ビジネスで通用する英会話力を目指すなら、科学的トレーニング法のETN。

English Tutors Network サイト