一億人の英文法

CD別売 大西泰斗(著者)[東進ブックス]¥1,800+税

一億人の英文法

内容紹介:一億人の英文法

  • 大学生、社会人、および大学受験生を対象としているが、文法用語を極力排し、英語を話せる、書けるという実用的な英語力を身につけることを目標とした文法書。

  • 文法の定義や用法を暗記するのではなく、英語を話すために必要な、ネイティブの感覚・気持ちの動きを重視。

  • 掲載されている例文は「明日会話で使える」自然な文を採用。

  • 別売りのCDブック「一億人の英文法 CDブック」には、「一億人の英文法」に掲載されている重要例文の音声を全て収録。明日会話で使える自然な例文を、実際の使われ方に近い、「キモチ」を込めて読み上げられている。一つの例文が読まれたあと、もう一度同じ例文が小さい音で流れる。

一億人の英文法

一億人の英文法 CDブック

大西泰斗(著者)[東進ブックス]¥1,500+税

一億人の英文法 CDブック
一億人の英文法 CDブック アマゾンページへ

ETNコメント

  • 英語を話すことを目標として、そのために必要なネイティブの感覚を説明するなどの新しいアプローチを採用していることには感服します。

  • ただし、英文法の基礎(中学英文法程度)を理解していないと、この文法書の良さは伝わらないと思います。初級者の方は、基礎を学習してから本書を読むことをオススメしますが、その場合は二度手間になることが課題。

  • 中級者(TOEIC 500点程度以上の方)が、文法を一から総復習する目的で、最初から最後まで順番に読み上げることを想定した作り。上級者で、スピーキング力がなかなか向上しないなど、伸び悩んでいる方向けにも良いヒントが含まれていると思います。

  • 未知もしくは忘れた文法項目を調べたいなど、辞書的に使いたい方には不向き。その場合は「総合英語フォレスト」もしくは「実践ロイヤル英文法」をオススメします。

  • 音読を勧めている珍しい文法書。ETNは同意します。重要文法を含む、実生活でよく使用される例文を繰り返し音読、暗唱することは、自分で使える英文(構文、言い回し、定型表現など)を頭の中に積み上げるために必要なトレーニングです。

  • 別売りの「一億人の英文法 CDブック」に収録されているのは、「一億人の英文法」に掲載されている重要例文(カコミ付きで大きく表示された例文)の全て。音声スピードはほぼナチュラル。実際の使われ方に近い「キモチ」を込めて読まれているので、対面で話している感覚に近く、理解しやすいと思います。

おすすめ使い方:一億人の英文法

  1. まずは「一億人の英文法」を最初から章ごとに読むこと。

  2. 別売りの「一億人の英文法 CDブック」に録音されている、読んだ章の英文を、テキストを見ずに一文ずつリピートしてみましょう。リピートしようと思うとできないものです。意味を理解することに意識を集中しよう。聞き取れない場合は2〜3回繰り返すこと。

    詳しいリピーティングの方法はこちら

  3. 意味は理解できるがリピートできない場合は、理解した意味を基に、自分のことばで表現してみよう(リプロデューシング)。必ず文法に注意すること!

    詳しいリプロデューシングの方法はこちら

  4. 2〜3回聞いても意味が理解できない場合は、書き取ってみよう(ディクテーション)。聞き取れないところは空欄で、スペルが分からなければカタカナでも構いません。2〜3回繰り返した後、テキストを見て聞き取れない理由を検証しよう。

    詳しいディクテーションの方法はこちら

  5. テキストを見て、音読しながら、単語の意味と文の構造(文法)を確認しましょう。わからないところは「一億人の英文法」や辞書で確認しよう!

    詳しい音読の方法はこちら

  6. 単語の意味と文の構造を完璧に理解したら、テキストを見ながら英文を聞きましょう(アイ・シャドーイング)。意味はもちろんですが、発音(個々の音、アクセントの位置、音声変化、強弱、イントネーション)を意識して、2回目の小さい音声が流れる時に、リップ・シンクもしくは同時に発音してみましょう。

    詳しいアイ・シャドーイングの方法はこちら

    詳しいリップ・シンクの方法はこちら

    発音記号についての概要説明はこちら

    アクセントについての概要説明はこちら

    音声変化についての概要説明はこちら

    強弱・イントネーションについての概要説明はこちら

  7. 次はルックアップ&セイを試してみよう。音声は止め、一文を黙読した後、英文から目を外し(ルックアップ)、大きな声を出して暗唱してみよう(セイ)。

    詳しいルックアップ&セイの方法はこちら

  8. 再度、テキストを見ないでリピートしてみよう。今度はできるはずです!リピートできたら、今度は、同じ意味の別の文に言い換えてみよう(リフレージング)。

    詳しいリフレージングの方法はこちら

TOEIC特化の学習は非効率。話せるTOEIC高得点を目指すならETN。

English Tutors Network サイト