Anonymous

無名

無名英語名言

English Guide for Great Quotes by Anonymous

無名英語名言
クリックして拡大

“Everyone wants to be successful until they see what it actually takes.”

「皆が成功したいと思う。そのために何が必要かを知るまでは。」

everyone /évriwʌ̀n/ (代名) 全ての人(単数扱い)

want to be 〜: 〜になりたい

successful /səksésfl/ (形) 成功を収める

until /əntíl/ (接) ~する時まで

they: ここでは “everyone” のこと。

see /síː/ (動) ここでは「理解する」の意。

it: ここでは “to be successful”「成功すること」。

actually /ǽktʃuəli/ (副) 実際は

take /téik/ (動) ここでは「~を要する、~を必要とする」の意。

what it actually takes: “what” は先行詞を含む関係代名詞で「~するもの[こと]」の意で、「それ(成功すること)が実際に必要とすること」⇨「成功するために実際に必要なこと」の意。

無名英語名言
クリックして拡大

“Life isn’t about waiting for the storm to pass. It’s about leaning to dance in the rain.”

「嵐が過ぎるのを待つことが人生の目的ではない。嵐の中でもダンスを踊れる様になることが人生の目的である。」

about /əbáut/ (前) 〜が (最も基本的〔重要〕な) 目的である

wait for 〜 to …: 〜が…することを待つ

storm /stɔ́ːrm/ (名) 嵐

pass /pǽs/ (動) 通り過ぎる

dance /dǽns/ (動) 舞う ⇨ “dance in the rain”「雨の中で踊る」の意。

無名英語名言
クリックして拡大

“We don’t grow when things are easy. We grow when we face challenges.”

「物事が順調にいっている時、我々は成長できない。困難に直面している時こそ成長できる。」

grow /gróu/ (動) 成長する

thing /θíŋ/ (名) [複数形で]状況

easy /íːzi/ (動) 容易な

face /féis/ (動) 直面する

challenge /tʃǽlin(d)ʒ/ (名) 課題

無名英語名言
クリックして拡大

“If egg is broken by outside force, life ends. If broken by inside force, life begins. Great things always begin from inside.”

「たまごは、外側からの力で壊された場合、命は終わる。内側からの力で壊された場合、命は始まる。偉大なことはすべて内側から始まる。」

If 〜: 条件節で「もし〜ならば」の意。仮定法ではない。

break /bréik/ (動) 壊す ⇨ break(原形) – broke(過去形) – broken(過去分詞形)

egg is broken by 〜: 受動態で「“egg” が 〜によって “break” される」の意。

outside /áutsàid/ (形) 外側の

force /fɔ́ːrs/ (名) 力

end /énd/ (動) 終わる

If (egg is) broken by 〜: “egg is” が省略されている。

inside /insáid/ (形) 内側の ⇨ 最後の “inside” は名詞で「内側」の意。

begin /bigín/ (動) 始まる

無名英語名言
クリックして拡大

Never too old to be inspired? James Sinegal founded Costco at 47. Gordon Bowker founded Starbucks at 51. Ray Kroc started McDonalds at 52. Ferdinand Porsche founded Porsche at 56. Charles Flint founded IBM at 61. Colonel Sanders founded KFC at 62.

「奮い立つには遅すぎる? ジェームズ・シネガルは47歳の時コストコを創業。ゴードン・ボーカーは51歳の時スターバックスを創業。レイ・クロックは52歳の時マクドナルドを始めた。フェルドナンド・ポルシェは56歳の時ポルシェを創業。チャールス・フリントは61歳の時IBMを創業。カーネル・サンダースは62歳の時KFCを創業。」」

too 〜 to …: …するには〜すぎる ⇨ “too old to be inpired”「“inspire” されるには年をとりすぎ」の意。ここでは否定の “Never”「決して〜ない」 が文頭に来ており、最後に “?” があるので「 “inspire” されるには、年をとりすぎているということは決してない?」の意。

inspire /inspáiər/ (動) 動機付ける ⇨ “be inspired” 受動態で「動機付けられる」の意。

found /fáund/ (動) 創立する

無名英語名言
クリックして拡大

“The only thing standing between you and your goal is the bullshit story you keep telling yourself as to why you can’t achieve it.”

「現在のあなたとあなたの目標との間に立ちはだかる唯一のものは、あなたがあなた自身に言い聞かせている言い訳、なぜその目標を達成できないかについてのくだらない言い訳である。」

only /óunli/ (形) 唯一の

The only thing standing between you and your goal: ここまでが主語。 “thing” の後に関係代名詞の “which” もしくは “that” と “is” が省略されていると考えることもできるし、 現在分詞の “standing” が 名詞の “thing” を後ろから修飾しているとも考えることもできる。

bullshit /búlʃit/ (形)〈卑〉「牛の糞」から、ここでは「でたらめな」の意。

keep 〜ing: 〜し続ける ⇨ “keep telling yourself”「自分自身に言い続ける」の意。

the bullshit story you keep 〜: “story” の後に関係代名詞が省略されており「あなたが〜し続ける “bullshit story”」の意。

as to ~: ~に関して ⇨ “as to why 〜”「なぜ〜かについて」の意。

achieve /ətʃíːv/ (動) 成し遂げる

it: “your goal” のこと。

無名英語名言
クリックして拡大

“English is a language. Not a measure of intelligence.”

「英語は単なることばである。知性を測る物差しではない。」

language /lǽŋgwidʒ/ (名) 言語

measure /méʒər/ (名) 評価基準

intelligence /intélidʒəns/ (名) 知性

Not a measure of intelligence: “Not” の前に “English is” が省略されていると考えると理解しやすい。“English is a language, not a measure of intelligence.” と一文にしても理解しやすい。

無名英語名言
クリックして拡大

“Sometimes you have to see people as a crayon. They may not be your favorite color, but you need them to complete the picture”

「人はクレヨンだと思った方が良い。あまり好きではない色があるかもしれないが、絵を完成させるためにはそれらの色も必要です。」

sometimes /sʌ́mtàimz/ (副) 時々

have to 〜: 〜しなければならない

see (人) as 〜: (人) を〜と見る

crayon /kréiɑn/ (名) クレヨン

They may 〜: “Thay” は “crayon”のこと。

may /méi/ (助動) ~かもしれない ⇨ “may not 〜”「〜ではないかもしれない」

favorite /féivərət/ (形) お気に入りの

you need them: “them” は「お気に入りの色ではないクレヨン」のこと。

complete /kəmplíːt/ (動) 仕上げる

picture /pík(t)ʃər/ (名) 絵画

無名英語名言
クリックして拡大

Child: “I am confused… I don’t want to study… Biology teacher told me cell means basic of life in the body… Physics teacher told me cell means Bettery… Then Economics teacher told me sell mean selling things. And History teacher told me cell means prison… whiz this… now u r telling me that cell means mobile… I don’t know what’s right… u tell me!!!”

「僕は混乱しています… 勉強なんて嫌いだ… 生物学の先生は、「cell」(細胞)というのは体の中の生命の基本だといいます… 物理学の先生は、「cell」(電池のセル)はバッテリーのことだといいます… それから経済学の先生は、「sell」(売る)は物を売ることだといいます… 歴史の先生は、「cell」(独房)は刑務所のことだといいます… う〜 そして今、あなたは「cell」(cell phone)は携帯電話だという… 何が正しいのはわかりません。教えて下さい!!!」

confuse /kənfjúːz/ (動) 困惑させる ⇨ “be confused”「 困惑する」

cell /sél/ (名) 細胞、電池のセル、独房、携帯電話 (cell-phone)、(表計算ソフトの) セル

biology /baiɑ́lədʒi/ (名) 生物学

Biology teacher told me cell means 〜: “told me” の後に “that” が省略されている。生物学の先生は “that” 以下のことを私に言った。の意。

basic /béisik/ (名) 基礎

body /bɑ́di/ (名) 人体

physics /fíziks/ (名) 物理学

battery /bǽtəri/ (名) バッテリー

economics /èkənɑ́miks/ (名) 経済学

prison /prízn/ (名) 刑務所

u: “you” の省略形。メールなどでよく見られる。

r: “are” の省略形。メールなどでよく見られる。

mobile /móubl/ (名) 携帯電話

I don’t know what is right: “what is right” は「何が正しいのか」の意。

You tell me: 教えてください。私は分かりません。

カーネル・サンダース英語名言
クリックして拡大

At age 5 his father died. At age 16 he quit school. At age 17 he had already lost 4 jobs. Between ages 18 and 22, he was a railroad conductor and failed. He joined the army and washed out there. He applied for law school he was rejected. He became an insurance salesman and failed. At age 20 his wife left him. He became a cook and dishwasher in a small cafe. At age 65, he retired.
He decided to commit suicide, he had failed so much. But, he realized still one thing he could do better than anyone “cooking”. He borrowed $87, bought and fried up chicken using his recipe, went door to door to sell them in Kentucky.
At age 88 Colonel Sanders, founder of KFC was a billionaire.


5歳のとき、彼の父は亡くなった。16歳のとき、彼は学校を辞めた。17歳のとき、彼は既に4回仕事を失っていた。18歳のとき、彼は電車の車掌になったが、22歳でクビになった。彼は陸軍に入隊したが、除籍させられた。彼は法科大学院に出願したが、失敗した。彼は保険の外交員になったが、クビになった。20歳のとき、彼の妻は去っていった。彼は小さいカフェのコック兼皿洗いになった。65歳のとき、彼は退職した。彼は自殺を決心したが失敗した。しかし、彼は一つだけ気づいた。自分は誰よりも料理がうまいと。彼は87ドルを借りてチキンを購入し、彼自身のレシピでそれをフライし、ケンタッキー州の家々を回りそれを売った。88歳のとき、KFCの創業者コーネル・サンダーズは、億万長者になった。

die /dái/ (動) 死ぬ

quit /kwít/ (動) やめる

lose /lúːz/ (動) ~を失う ⇨ lose (現在形) – lost (過去形) – lost (過去分詞)

he had already lost 4 jobs: 過去のある時点までの間の経験を表す過去完了形 “had + 過去分詞”。ここでは「既に4つの仕事を失っていた」の意。

railroad conductor: 電車の車掌 ⇨ “conductor” (名) 車掌、検札係

fail /féil/ (動) 失敗する

join /dʒɔ́in/ (動) 参加する

army /ɑ́ːrmi/ (名) 陸軍

wash out: 除籍になる ⇨ “wash” (動)「押し流す」+ “out”「外に」→「外に押し流される」のニュアンス。

and (he was) washed out there: カッコ内が省略されている。

apply /əplái/ (動) 出願する ⇨ “appliy for 〜”「〜に出願する」

law school /: 法科大学院

reject /ridʒékt/ (動) 拒絶する ⇨ “be rejected” ここでは「不合格になる」の意。

insurance /inʃúərəns/ (名) 保険

salesman /séilzmən/ (名) セールスマン

leave /líːv/ (動) ~から離れる ⇨ “his wife left him” ここでは「彼の妻は彼を残して去った」のニュアンス。

cook /kúk/ (名) 料理人

dishwasher /díʃwɑ́ʃər/ (名) 洗い場担当

retire /ritáiər/ (動) 引退する

decide /disáid/ (動) ~しようと決心する

commit /kəmít/ (動) 犯す

suicide /súːəsàid/ (名) 自殺 ⇨ “commit suicide” 「自殺する」

so much: ずいぶんと

realize /ríːəlàiz/ (動) ~に気が付く

he realized (that there is) still one thing (that) he could do better than anyone: カッコ内が省略されていると考えられる。2つ目の “that” は関係代名詞で先行詞は “one thing”。「彼が誰よりも上手くできる一つのこと」の意。全体では「彼は、彼自身が誰よりも上手くできる一つのことがまだあると気づいた」

borrow /bɔ́(ː)rou/ (動) 借りる

bought: “buy” (動)「買う」の過去形

fry up: フライにする ⇨ “fry” (動)「油で揚げる」

recipe /résəpi/ (名) レシピ

door to door: 副詞的に「戸別に」 ⇨ “went door to door”「戸別に訪問する」のニュアンス。

Kentucky: ケンタッキー州

founder /fáundər/ (名) 創始者

KFC: ケンタッキー・フライド・チキン社(Kentucky Fried Chicken)が社名を変更したもの。

billionaire /bìljənέər/ (名) 億万長者

無名英語名言
クリックして拡大

CFO asks CEO: “What happens if we invest in developing our people and then they leave us?”
CEO: “What happens if we don’t, and they stay?”


最高財務責任者が最高経営責任者に聞いた:「もし、社員を育てることに投資して、その社員が辞めたらどうしますか?」
最高経営責任者が答えた:「もし、社員を育てずに、その社員が会社に留まったらどうする?」

CFO: = Chief Financial Officer「最高財務責任者」

CEO: = Chief Executive Offier「最高経営責任者」

What happens if 〜 ?: もし〜すると何が起こりますか?

invest /invést/ (動) 投資する ⇨ “invest in 〜”「〜に投資する」の意。

develop /divéləp/ (動) 成長させる

and then: その後(時間の前後関係を示す)

leave /líːv/ (動) ~から離れる ⇨ “leave us”: ここでは “us” は「我々の会社」の意で「会社をやめる」の意。

if we don’t: “if we don’t invest in developing our people” の “invest” 以下が省略されている。「もし、社員を成長させることに投資しなかったら」の意。

stay /stéi/ (動) とどまる ⇨ “stay in our company” の “in” 以下が省略されている。

無名英語名言
クリックして拡大

“Never give up, great things take time.”


「あきらめるな!すごいことを成し遂げるには時間がかかるのだから。」

Never 〜: 強い否定の命令形「絶対に〜するな。」 ⇨ “Don’t 〜” より強い表現。

give up /gív/ /ʌ́p/ (群動) 諦める

great things: 偉大な物事

take time: 「時間を取る」から「時間がかかる」の意。

英語学習にもっとビジネス感覚を。費用対効果重視のビジネスパーソン限定。

English Tutors Network サイト