中学英語をもう一度
ひとつひとつわかりやすく。

CD付属 山田暢彦(監修)[学研]¥2,300+税

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく

内容紹介:中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

  • 中学生向け参考書3冊(「中1英語をひとつひとつわかりやすく。」「中2英語をひとつひとつわかりやすく。」「中3英語をひとつひとつわかりやすく。」)の内容を1冊にまとめた。1冊で中学で学習する文法項目を網羅。超基礎から学べる。

  • 書き込み式の練習問題を多く解くことで、英語で文を組み立てる力がつく。

  • 1回分の学習は1見開き(2ページ)で、左ページは解説。右ページは書き込み式の練習問題。左ページで学習した内容を右ページで確認・定着させる。

  • 練習問題のすべての英文を収録したCDが付属(ほぼナチュラルスピード)。正しい読み方が確認できる。音読練習を通じて「聞く・話す」力の基礎を養える。

ETNコメント:中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

  • 英語を基礎の基礎(「主語」「動詞」とは?など)から学び直したい人向け。TOEIC400点程度以下の方がメインのターゲット層だと思われます。

  • 超基礎からやさしい言葉で丁寧に説明しているので非常にわかりやすい。反面簡単すぎると感じる方も多いと思います。しかしながら、自分の言いたいことを自由に表現できる英語を獲得するために、難しいことを学習する必要はありません。本書でかなりの部分をカバーできることを理解して頂きたい。

  • 本書は、書かれていることを理解することが目標とするのではなく、自分でも自由に使えるようにすること(アウトプットできるようにすること)を目標として欲しい。そのように取り組めば、決して簡単すぎるとは感じないはずです。

  • それぞれの文法項目を自分でも使えるようにするためには、繰り返しが必要です。右ページの練習問題と復習テストを繰り返し解くこと、文法項目を理解したらCDを繰り返し聞き、繰り返しリピートすること、そして発音方法が理解できたら自分で繰り返し音読することです。

  • CDには練習問題と復習問題のすべての英文が収録されています。スピードはほぼナチュラルとの記載がありますが、実際はナチュラルより遅め。アメリカ英語。

  • 文法学習は、まずは森を見ることが重要です(枝葉は後で)。1回目は理解することを目的としてあまり時間をかけずに最後まで通し、2回目、3回目は、自分でも使えるようにすることを意識しながら、CDを活用しながら、体に染み込ませる感覚で繰り返し学習して頂きたい。

おすすめ使い方:中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

  1. まずは、右ページの「基本練習」をいきなり自力で解いてみよう!(左ページの解説は読まずに!回答は末巻にあります。)

  2. 間違ったところ、理解できなかったところ、理解が曖昧なところを左ページで確認してください。わからない単語があれば辞書で調べてください。

  3. 練習問題のすべての英文(単語と文法)が理解できたら、CDを聴きながら英文を目で追いましょう(アイ・シャドーイング)。その際、必ず意味と発音を意識すること。

    詳しいアイ・シャドーイングの方法はこちら

  4. アイ・シャドーイングで意味がスーッと入ってくるようになったら、今度はCDを聴きながら、そして英文を見ながら、自分でも(声を出さずに)口パクしてみよう(リップ・シンク)。

    詳しいリップ・シンクの方法はこちら

  5. リップ・シンクに慣れてきたら、CDに合わせて声を出してみましょう。英文を見ながらで結構です(オーバーラッピング)。ここでも意味と発音を意識することを忘れずに。

    詳しいオーバーラッピングの方法はこちら

  6. 今度はCDを聞かずに、自力で大きな声を出して、意味を意識しながら、英文を読んでください(音読)。発音方法が曖昧なところがあれば、リップ・シンクかオーバーラッピングで再度確認してください。

    詳しい音読の方法はこちら

  7. 意味を意識しながら上手に音読できるようになったら、今度は、CDを聞くときは英文を目で追い、CDを止めて顔を上げて(英文を見ずに)暗唱して見ましょう。

    詳しいルックアップ&セイの方法はこちら

  8. 今度はCDを聴かずに、まずは英文を黙読し、顔を上げて暗唱して見ましょう。(音声無しルックアップ&セイ)

  9. 最後に、英文を見ずにCDを聴き、1文1文CDと止めて暗唱してみましょう。(リピーティング)。この時も意味と発音(個々の音、アクセントの位置、音声変化、強弱、イントネーション)を必ず意識してください。

    詳しいリピーティングの方法はこちら

    発音記号についての概要説明はこちら

    アクセントについての概要説明はこちら

    音声変化についての概要説明はこちら

    強弱・イントネーションについての概要説明はこちら

TOEIC特化の学習は非効率。話せるTOEIC高得点を目指すならETN。

English Tutors Network サイト