How to Improve your English Pronunciation

英語の発音の効率的な習得方法は?

llll 日本人にとって英語の発音は難しい!

 

ネイティブ・スピーカーの英語の発音と、自分で英単語をみて発音した音声の間には大きなギャップ感じる場合があります。例えば、“apple” という単語を聞いても自分の音声とは全く異なるため、全く聞き取れないということがよくあります。

 

英語は、日本語には無い母音や子音が多いので、日本語のカタカナで書き表すことは不可能です。無理やりローマ字にカタカタを当てはめて発音した結果、そのようなことがおこります。

 

一般的に、英語の母音は24あるのに対し、日本語は5。英語の子音24に対し、日本語は16といわれています。英語には日本語にはない二重母音や無母音声などもあります。

 

また、英語は綴りと発音の間に規則性はありません(全くないわけではありません)。日本人が使っているローマ字は一定の規則性があります。例えば「i」は常に「イ」です。ところが英語では「i」は[i]だったり[ai]だったりします。つまり英語は、基本、綴りを見ても発音方法がわかりません

llll 発音記号を知ることで学習効率性アップ!

 

英語には日本語には無い音が多いので、英語の発音を日本語(ひらがなやカタカナ)で正確に書き記すことができません。つまり、実際に音声を聞かない限り正確な発音を知ることができない

 

また、日本語には無い英語の音を正確に発音するには、日本語には無い喉・舌・唇の動かし方を正確にまねる必要があります。しかしながら、音声を聞いただけでは、それらの動かし方を知ることは不可能。

 

つまり、発音記号を知らない場合、ネイティブが目の前で発音して、口の動かし方をまねながら練習しない限り正確に発音できるようにはなりません。

 

発音記号を知っていれば、いちいち音を聞かなくても正確な発音を知ることができます。口の動かし方も分かります。発音記号を学べば、目の前でネイティブに教えてもらわなくても正確に発音できるようになることも可能です。

llll 英単語のアクセントの位置も忘れずに!

 

英単語はアクセント(ストレス)の位置を間違えると、ネイティブには全く通じないことがよくあります。例えばバニラアイスの ”vanilla” のストレスは、「ヴァ」ではなく「ニ」です。「ヴァ」にストレスをおいて発音しているとバニラアイスは買えません。

 

発音記号を見ればストレスの位置はわかりますので、単語を覚えるときは必ず意識することです。また、母音が2つ続く場合は最初の母音にストレスを置くことなど、法則化されているものもあるので、それも意識しましょう。

llll 英語はリズムとイントネーション!

 

米ピッツバーグ大学言語学科の白井教授は、リズムやイントネーションの方が個々の音の発音よりも重要だという研究結果が大勢を占めていると指摘しています。リズムは発話の強弱やスピード、イントネーション(抑揚)は音の高低の差によっておこります。

 

甲南大学の伊庭緑教授は、大学生を4つのグループに分け、個別の音の発音と、「プロソディー」(リズムやイントネーション)をさまざまな順序で練習させて効果を測定したところ、ネイティブから最も英語らしいと判定されたのは、最初にプロソディーを練習した上で発音訓練を受けたグループだったとのこと。

 

比較的平坦な言語であると言われている日本語と比べ、英語はリズム(強弱) やイントネーション (抑揚) が重要な言語。それらを誤った形で発話すると、全く理解してもらえなかったり、意図しない意味で伝わったりすることがあります。先ずはネイティブ・スピーカーの発音をまねることから始めましょう。

llll 発音できればリスニング力が向上します!

 

英語は、自分で発音できない音は聞き取れません。発音できないということは、脳がその音を「音」と認識していないということ。脳が音と認識していなければ聞き取れるはずがありません。

 

母語に無い音が、母語の似た発音に引き込まれる現象をマグネット効果といいます。それを振り切り、日本語に無い英語の音を脳に「音」として認識させるためには、無意識的・自動的にできるようになるまで繰り返し発音練習するしかありません

llll 日本人が英語を聞き取れない一番の理由は音声変化!

 

英語は、単語と単語の音がつながることにより音声が変化します。日本語にはあまり起こらない現象なので、日本人には聞き取ることが難しい。日本人が英語を聞き取れない一番の理由といわれています。

 

音声変化は、連結・脱落・同化の3種類あります。音の連結(Linking)とは、単語と単語の音がつながること。音の脱落(Elision)とは、自然な会話スピードでは発音しなくなること。音の同化(Assimilation)とは、単語と単語の音がつながって別の音に変化すること。

 

これらの音声変化を聞き取れるようになるために、それぞれの特徴を理解し、自分でもある程度正確に発音できるように繰り返し練習しましょう

llll <ご参考 ①> 英語は腹式呼吸で話せ!

 

英語の「p」「b」「t」などの破裂音、「f」「v」「th」などの摩擦音をネイティブが理解できるように発音するには、日本語に比べて強く息を吐き出す必要があります。そのためには、お腹から息を出すようにして発音する、いわゆる腹式呼吸が有効だと言われます。

 

腹式呼吸とは、実際お腹で呼吸する事ではなく(そんなことはできません!)、お腹と胸の境にある横隔膜を下げることで、胸の体積を広げて呼吸する方法のこと。この腹式呼吸を活用することは、英語の発音をよくすると言われています。ネイティブは声が大きいと思うことが多々ある理由の一つは、腹式呼吸にあるのかも知れません。

llll <ご参考 ②> 日本人の発音が通じないのは、ネイティブの想像力の欠如が原因!

 

日本語は発音数が少ないため、同じ発音で全く違う意味を表す単語が多くあります。例えば「かこう」は、「加工」「下降」「河口」「火口」と色々あります。一方英語は、発音数が多いためその様な単語はあまりありません。

 

日本人は、単語の意味について、どの意味で言っているのかを想像する必要があるので、その能力が発達しています。一方英語の聞き手は、想像する必要がないので、その能力が発達していません。その代わり、正確に発音を聞き分ける必要あります。

 

すなわち、英語の聞き手は、意味を想像してくれない(想像する能力がない)ので、話し手は正確に発音する必要がありますが、日本人は英語を正確に発音できません。日本人の英語が通じない理由の一つです。結局、正確に発音できるようにするしか無いということ…

英会話は自主トレがMUST。ETNのネイティブ&日本人トレーナーと共に着実に。

English Tutors Network サイト