Why Japanese can’t speak English

なぜ日本人は英語が話せないの?

llll 中学・高校の英語の勉強方法が元凶!

 

日本の中学・高校の英語の学習方法は「文法訳読方式」です。これは、文法を重視して、英語を全文和訳して理解する方法ですが、この方法では英語でコミュニケーションできるようにはなりません

 

英語を全文和訳する際、英文を後ろから戻り訳す方が自然な日本語になる場合が多い。それは英語と日本語の語順が全く違うから。我々は中学・高校で、英文を後ろから戻り訳す練習を繰り返しやってきたので、それが得意です。

 

しかし、英語を聞く場合、聞いたことはどんどん消えていきます。戻り訳している暇はありません。リスニング力を向上させるには、英語の語順のまま、文章を前から理解できるようにしなければなりません

 

話す場合も同じです。我々の頭は日本語の語順。その頭で英語を使おうとするから流暢に話せません。英語でコミュニケーションするときは、英語の語順の回路を作る必要があります。それにはトレーニングが必要ですが、中学・高校ではそのようなことは全く教えてくれませんでした。

llll 今や「文法訳読方式」は研究者からもやりだまに!

 

米ピッツバーグ大学言語学科の白井教授は、コミュニケーションのための英語を習得するには、全文を日本語に訳して内容を理解する文法訳読方式は非常に効率が悪い方法だと指摘。米ブリガム・ヤング大学のニール・アンダーソン教授(応用言語学)も、英文を後ろから前に向かって戻りながら訳す、全文和訳の癖は直すべきだと指摘しています。。

 

両者とも、文を前から前から理解する習慣を身につけること。それには、理解意味や構造の切れ目に沿って数語ずつのかたまりに区切り、一つのかたまりを理解したうえで次に進む習慣をつければ、英語のまま概念を理解できる部分が徐々に増えると指摘しています。

llll 日本人の英語学習に足りないもの!

 

日本人は、受験英語のおかげで、比較的語彙力と文法力はあります。しかし、もう一つの重要な学習項目である「発音」に関しては、日本の学校教育では軽視されています。英語には日本語にはない発音や音声変化があるので、まずはそれらを理解する必要があります。

 

単語・文法・発音を学習しても、英語でコミュニケーションできません。流暢に会話するためには、「相手が発する単語の発音を聞き取って、その意味を理解し、構文や文法構造を解析した後、適切な単語を選び、構文・文法に沿って組み立てて、適切な発音を選び発話する」という流れを自動的かつ無意識的に素早くできるようにしなければなりません。

llll 科学的にも証明されている「自動化」の重要性!

 

幼少期の言語習得は無意識ですが、大人の英語習得はかなり意識的に学習する必要があると第二言語習得研究でいわれています。物事は、最初は意識的に学習され、何度も行動を繰り返すうちに注意を払わなくても無意識的にできるようになります。これを「自動化」といいます。

 

脳科学的にいうと、顕在記憶である「エピソード記憶」を、潜在記憶である「手続き記憶」化することです。手続き記憶とは、ものごとを無意識的にできるようにする記憶です。

 

語彙や文法の知識はあるが話せない日本人にとって、知識を無意識的に使えるようにする自動化は最重要課題です。それにはトレーニングが必要です。

llll <ご参考> コミュニケーションのための英語の習得は「勉強」ではなく「学習」!

 

中学・高校の英語の授業が原因で、英語が苦手・嫌いになった方は多いのではないでしょうか。中学・高校での英語は「勉強」でした。本来「英語」は、数学や物理などの他の教科とは違い、机に向かってガリガリと「勉強」する「学問」ではないのに。

 

コミュニケーションのための英語を習得する方法は、英語という「学問」の「勉強」ではなく「学習」です。「学習」と「勉強」は大きく違います。人間以外の動物は「学習」はできますが「勉強」はできません。

 

金魚にえさを与える前に水槽を軽く叩くことを毎回続けていると、金魚は、水槽がたたかれるとえさがもらえると思い水面に寄ってくるようになります。これは人間以外の動物にもできる「学習」です。英語の習得は、理解したことを「記憶」して「自動化」するための「学習」です。

英会話は自主トレがMUST。ETNのネイティブ&日本人トレーナーと共に着実に。

English Tutors Network サイト