キクタン ビジネス【Basic】

CD付属[アルク]¥1,800+税

キクタン ビジネス【Basic】

内容紹介:キクタン ビジネス Basic

  • ビジネスシーンで必要な基本単語・熟語、計784を7週間で身につけるための語彙集。

  • 見出し語の選定については、色々なビジネス関連書籍、非ネイティブ向けのビジネス英語テキストを分析してリストアップした約3000の単語と熟語の中で頻度が高い784を選出している。コーパスも参考にしている。

  • 付属のCDを使用することにより、「目(=読む)」「耳(=聞く)」「口(=音読する)」学習を推奨。

  • Chapter 1:会社・組織、2:経済・経営、3:人事・仕事、4:製造・製品、5:販売・取引、6:金融・会計、7:通信・伝達、8:会議・交渉、9:法律・税制、10:その他。

  • CDには「英語→日本語→英語」の順に収録。

  • 別売り:「キクタン ビジネス Basic 例文音声」(ダウンロードサイトで1,296円)。

  • キクタンビジネスシリーズは「Basic」「Advanced」「Super」の3つのレベル。

キクタン ビジネス Basic アマゾンページへ

ETNコメント:キクタン ビジネス Basic

  • 選定語については、ビジネス関連文書とコーパスを基に選定されているとのことですので問題ないと思われます。ビジネスでよく使用される基本の語彙が掲載されています。

  • 最低でも中学3年間の単語は習得している方向け。TOEICであれば400点以上の方向け。それ以下の方は、ビジネス用ではなく、先ずは一般的によく使用される基本単語をおさらいしましょう。

  • 目と耳と口で覚える仕組みは脳科学的にも効率的です。加えて「手(=書く)」ことを加えればより効果的です。

  • 「計784を7週間で身につける」とありますが、1週間で計100を覚える計算になります。単語は繰り返し学習する必要があるので、7週間で784全部を完璧に覚えようとは思わない方がいいでしょう。

  • CDには「見出語→日本語訳→見出語」のみ収録されており、「Phrase」も「Sentence」も収録されていません。「Sentence」の音声は別売りで購入しなければなりません。両方購入すると3,000円以上となり単語集としてはかなりの割高感があります。

  • CDに収録されている「見出語→日本語訳→見出語」は、言語をリズムで覚える学習法(chants/チャンツ)が取り入れられており、音楽にのせて単語とその訳語が録音されていますので、好き嫌いがあると思います。

おすすめ使い方:キクタン ビジネス Basic

  1. テキストを見ながら、付属CDの音声(見出語→日本語→見出語)を聞きましょう(アイ・シャドーイング)。意味はもちろんですが、発音(必ずアクセントの位置にも注意すること!)を意識してリップ・シンクもしくは同時に発音しながら繰り返し聞きましょう。

    詳しいアイ・シャドーイングの方法はこちら

    詳しいリップ・シンクの方法はこちら

  2. 別売り音声に録音されている例文(Sentence)を、テキストを見ずに2〜3回聞いてみましょう。どれくらい理解できるか確かめよう!

  3. 例文の意味と文の構造(文法)を、音読しながら確認しましょう。わからないところは本書や辞書、文法書で確認!

  4. 再度テキストを見ながら例文の音声を聞きましょう。リップ・シンクとオーバーラッピングを繰り返しましょう。

    詳しいオーバーラッピングの方法はこちら

  5. 単語、フレーズ(Phrase)、例文をスムーズに言えるまで音読しよう。その際、意味を意識しながら行うこと。そして、発音、アクセントの位置、音声変化、強弱、イントネーションも意識してください。発音方法が曖昧な場合は、リピーティングを行なってください。

    詳しい音読の方法はこちら

    詳しいリピーティングの方法はこちら

    発音記号についての概要説明はこちら

    アクセントについての概要説明はこちら

    音声変化についての概要説明はこちら

    強弱・イントネーションについての概要説明はこちら

  6. 例文のシャドーイングを繰り返し行なってください。その際は、意味と発音を意識してください。

    詳しいシャドーイングの方法はこちら

* 余裕が出てきたら、各単語の派生語・関連語も確認しましょう。音声がないので、発音がわからない場合は発音記号を確認し、発音しながら覚えましょう。

ネイティブと日本人講師2人がサポート。科学的英会話トレーニングはETN。

English Tutors Network サイト