改訂版キクタン TOEIC TEST SCORE 500

CD付属[アルク]¥1,600+税

改訂版キクタン TOEIC TEST SCORE 500

内容紹介:改訂版キクタン TOEIC TEST SCORE 500

  • TOEIC500点突破のための必修語彙448を8週間でマスターするためのキクタンTOEICシリーズ。1日8語を「読む」「聞く」「書く」学習で定着率の向上を目指す作り。

  • TOEIC本試験データ、公式問題集・模擬試験データから毎回のように登場する頻出語を掲載。コーパスを基に「TOEICに出る」「日常生活で使える」単語が選ばれているとのこと。

  • Chapter は「名詞:超必修104」「動詞:超必修72」「形容詞:超必修32」「名詞:必修104」「動詞:必修72」「形容詞:必修32」「副詞・前置詞:必修32」の7つからなる。

  • CD-ROMには、チャンツ(音楽にのせて)で見出し語彙と日本語訳、単語毎のフレーズとセンテンス(音楽なし)が収録されている。(CD-ROMは一般的な音楽CDプレイヤーでは再生できません。)

  • キクタンTOEICシリーズは「500」「600」「800」「900」の4つのレベル。本書「500」の対象レベルは、初級以上(TOEIC350程度から)。

改訂版キクタン TOEIC TEST SCORE 500 アマゾンページへ

ETNコメント:改訂版キクタン TOEIC TEST SCORE 500

  • 掲載語彙は、TOEICのデータとコーパスデータからの選定とある。本書は2016年12月発行なので古くもない。掲載語数は448語と少なめだが、単語毎のフレーズとセンテンスに超基本語彙が多く含まれている。見出し語448語だけではなく、それら超基本語も自分のものにしていけばTOEIC500点に必要な語彙は習得できるのではないか。

  • 本書で勧めている「読む」「聞く」「書く」学習に加えて、「音読」することを勧める。そのことにより「目」「耳」「手」「口」を使うことになり、より効率的に習得できる。

  • 1日8語の習得を目指すとありますが、単語は忘れることを前提としてください。忘れて、覚えて、また忘れて覚えるという繰り返しで自分のものにしていきましょう。

  • CD-ROMに収録されている音声は、ALCOというアプリからスマートフォン他にダウンロード可能。こちらでは、設定した秒数での巻き戻し・早送りや、再生速度の変更(0.5〜3倍)の機能がついており、CD-ROMより使いやすいのでオススメ。

  • 見出し語彙と日本語訳の音声はチャンツ(言語をリズムで覚える学習法)を採用しており、好き嫌いがある。音楽にのせた音声が合わない場合は、フレーズとセンテンスだけ聞くことをオススメします。

おすすめ使い方:改訂版キクタン TOEIC TEST SCORE 500

  1. テキストを見ながら、音声(チャンツ(見出語と日本語)・フレーズ・センテンス)を聞いてみましょう(アイ・シャドーイング)。意味はもちろんですが、発音(必ずアクセントの位置にも注意すること!)を意識して何度か繰り返し聞きましょう。(チャンツが好きではない場合は、フレーズとセンテンスだけでも結構です。)

    詳しいアイ・シャドーイングの方法はこちら

  2. 音声を止め、フレーズとセンテンスの意味と文の構造(文法)を、音読しながら確認しましょう。わからないところは本書や辞書、文法書で確認!

    詳しい音読の方法はこちら

  3. 再度テキストを見ながら音声(チャンツ・フレーズ・センテンス)を聞きましょう。リップ・シンクとオーバーラッピングを繰り返しましょう。

    詳しいリップ・シンクの方法はこちら

    詳しいオーバーラッピングの方法はこちら

  4. 単語、フレーズ、センテンスをスムーズに言えるまで音読を繰り返そう。その際、意味を意識しながら行うこと。そして、発音、アクセントの位置、音声変化、強弱、イントネーションも意識してください。発音方法が曖昧な場合は、リピーティングで音声をまねる練習をしてみてください。

    詳しいリピーティングの方法はこちら

    発音記号についての概要説明はこちら

    アクセントについての概要説明はこちら

    音声変化についての概要説明はこちら

    強弱・イントネーションについての概要説明はこちら

  5. フレーズとセンテンスのシャドーイングを繰り返し行なってください。その際、意味と発音を必ず意識してください。うまくできない場合は、音読、オーバーラッピング、リピーティング、ルックアップ&セイをやってから再度挑戦してみてください。

    詳しいシャドーイングの方法はこちら

    詳しいルックアップ&セイの方法はこちら

* 余裕が出てきたら、各単語の派生語・関連語も確認しましょう。音声がないので、発音がわからない場合は発音記号を確認し、発音しながら覚えましょう。

ネイティブと日本人講師2人がサポート。科学的英会話トレーニングはETN。

English Tutors Network サイト