改訂版キクタン TOEIC TEST SCORE 600

CD付属[アルク]¥1,600+税

改訂版キクタン TOEIC TEST SCORE 600

内容紹介:改訂版キクタン TOEIC TEST SCORE 600

  • TOEIC 600点突破に必要な単語・熟語力に加え、リスニング力も同時に身につけることを目標とした作り。

  • 1日16単語・熟語 × 10週間でTOEIC600点突破の1120単語・熟語をマスター!とある。

  • TOEIC本試験、公式問題、模擬試験のデータおよびコーパスを分析し、TOEICだけではなく、日常生活でも使える単語・熟語が選ばれているとのこと。

  • 「目」「耳」「口」を活用し、読解・聴解力をアップさせるとのこと。

  • 見出し語は米・英語の2つ、センテンスは米・英・加・豪の4つの発音で収録されている。

  • キクタンTOEICシリーズは「500」「600」「800」「900」の4つのレベル。本書「600」の対象レベルは、初級以上(TOEIC350程度から)。

改訂版キクタン TOEIC TEST SCORE 600 アマゾンページへ

ETNコメント:改訂版キクタン TOEIC TEST SCORE 600

  • 掲載語の選定については、TOEICデータに加えてコーパスを活用しているとのことですので、信頼できるのではないでしょうか。

  • 掲載語は品詞毎に以下の通りに並んでいる。Chapter1: 名詞(超必修160)、2: 動詞(超必修112)、3: 形容詞(超必修80)、4: 名詞(必修160)、5: 動詞(必修112)、6: 形容詞(必修80)、7: 副詞・前置詞(必修32)、8: 動詞句、9: 形容詞句・副詞句、10: 群前置詞・群接続詞、11: その他の熟語

  • 見出し語毎に、使い方の例としてフレーズとセンテンスが掲載されていることは評価できるが、残念ながら、あまり使わないであろう表現も少なからず含まれている。スピーキング力向上につなげるためにも、ビジネス・日常でよく使う表現をより多く掲載してほしい。

  • 1日16見出し語、全1120単語・熟語を10週間でマスターできるかのように記載してあるが、1回通しただけで全て覚えられるはずがない。単語は忘れることを前提に、繰り返ることで体得する必要があります。

  • 「目」「耳」「口」に加え、「手」で書くことを加えると、読解・聴解力に加え、スペリングなどの強化も可能。

  • CDはMP3形式。音楽用CDプレイヤーでは再生できないので注意。見出し語、日本語の訳語、センテンスが収録されているが、残念ながらフレーズが収録されていない。

  • 見出し語とその日本語の訳語は、「チャンツ」と呼ばれる、音楽にのせて録音されているので、好き嫌いがある。ストレス(アクセント)の位置が聞き取りにくくなっているのが残念。

おすすめ使い方:改訂版キクタン TOEIC TEST SCORE 600

  1. テキストを見ながら、「チャンツ」(見出し語と日本語)を聞いてみましょう(アイ・シャドーイング)。意味はもちろんですが、発音(必ずアクセントの位置にも注意すること!)を意識して何度か繰り返し聞きましょう。

    詳しいアイ・シャドーイングの方法はこちら

  2. 音声を止め、見出し語とフレーズの意味を、音読しながら確認しましょう。わからないところは本書や辞書で確認!

    詳しい音読の方法はこちら

  3. 再度テキストを見ながらチャンツを聞きましょう。リップ・シンクとオーバーラッピングを繰り返しましょう。

    詳しいリップ・シンクの方法はこちら

    詳しいオーバーラッピングの方法はこちら

  4. 今度はテキストを見ながら「センテンス」を何度か聞いて見ましょう。

  5. 音声を止め、センテンスの意味と文の構造を、音読しながら確認しましょう。わからないところは本書や辞書で確認!

  6. センテンス(及びフレーズ)をスムーズに言えるまで音読を繰り返そう。その際、意味を意識しながら行うこと。そして、発音、アクセントの位置、音声変化、強弱、イントネーションも意識してください。発音方法が曖昧な場合は、リピーティングで音声をまねる練習をしてみてください。

    詳しいリピーティングの方法はこちら

    発音記号についての概要説明はこちら

    アクセントについての概要説明はこちら

    音声変化についての概要説明はこちら

    強弱・イントネーションについての概要説明はこちら

  7. センテンスのシャドーイングを繰り返し行なってください。その際、意味と発音を必ず意識してください。うまくできない場合は、音読、オーバーラッピング、リピーティング、ルックアップ&セイをやってから再度挑戦してみてください。

    詳しいシャドーイングの方法はこちら

    詳しいルックアップ&セイの方法はこちら

* 余裕が出てきたら、各単語の派生語・関連語も確認しましょう。音声がないので、発音がわからない場合は発音記号を確認し、発音しながら覚えましょう。

ネイティブと日本人講師2人がサポート。科学的英会話トレーニングはETN。

English Tutors Network サイト