Michael Sandel – 2

TED 2013「なぜ市場に市民生活を託すべきではないのか」オリジナル動画はこちら

マイケル・サンデル の英語解説 – 2

– TED 2013 “Why we shouldn’t trust markets with our civic life” par. 4-6 –

Paragraph 4

Over the past three decades, we have lived through a quiet revolution. We’ve drifted almost without realizing it from having a market economy to becoming market societies. The difference is this: A market economy is a tool, a valuable and effective tool, for organizing productive activity, but a market society is a place where almost everything is up for sale. It’s a way of life, in which market thinking and market values begin to dominate every aspect of life: personal relations, family life, health, education, politics, law, civic life.

decade /dékeid/ (名) 10年間 ⇨ “three decades”「30年間」

live through 〜: 〜を乗り切る

drift /dríft/ (動) 横滑りする ⇨ ここでは “drifted from 〜 to …”「〜から…へと横滑りした」の意。

almost without realizing it: 挿入語なのでカッコに入れると理解しやすい。 “it” は「“drift” したこと」

market economy: 市場経済

market societies: 市場社会

a valuable and effective tool: 前の “tool” を説明している。カッコに入れると理解しやすい。

organize /ɔ́ːrgənàiz/ (動) 体系化する

a place where almost everything is 〜: “where” は関係副詞で先行詞は “a place” で「ほとんどすべてが〜な “place”」の意。

up for sale: 売りに出されて

It’s a way 〜: “It” は “market society” を指す。

in which market thinking 〜: “which” は非制限用法の関係代名詞で先行詞は “life”。 “in which” で全体で非制限用法の関係副詞(先行詞は “life”)と考えることもできる。「その “life” というのは、“market thinking” が〜なところ。」の意。

dominate /dɑ́mənèit/ (動) 支配する

every aspect of one’s life: 人生のあらゆる側面 ⇨ コロン以下 “aspect” の例をあげている。

Paragraph 5

Now, why worry? Why worry about our becoming market societies? For two reasons, I think. One of them has to do with inequality. The more things money can buy, the more affluence, or the lack of it, matters. If the only thing that money determined was access to yachts or fancy vacations or BMWs, then inequality wouldn’t matter very much. But when money comes increasingly to govern access to the essentials of the good life — decent health care, access to the best education, political voice and influence in campaigns — when money comes to govern all of those things, inequality matters a great deal. And so the marketization of everything sharpens the sting of inequality and its social and civic consequence. That’s one reason to worry.

Why + 動詞の原形: なぜ〜するの? ⇨ “Why worry (about 〜)?”「(〜について) なぜ心配するの?」

about our becoming market societies: 動名詞の意味上の主語が代名詞の場合は所有格になる。つまり、“becoming 〜”「〜になること」の主語は “our”。全体では「我々が市場社会になることについて」の意。

For two reasons: “for” はここでは理由を示し「〜の理由で」の意。

have to do with 〜: ~と関係がある

inequality /ìnikwɑ́ləti/ (名) 不平等 ⇔ equality /ikwɑ́ləti/ (名) 平等

affluence /ǽfluəns/ (名) 豊かさ

lack of 〜: ~の欠如 ⇨ “lack of it” の “it” は “affluence” を示す。

matter /mǽtər/ (動) 重要[問題]である

The比較級 + S①V①, the 比較級+ S②V②: よりS①がV①なら、よりS②がV②になる ⇨ ここでは最初の “more” は “things” を修飾する形容詞で「お金がより多くのものを買えるようになれば」の意。2つ目の “more” は “matters” を修飾する副詞で「豊かさ、もしくはその欠如がより問題になる」の意。

determine /ditə́ːrmin/ (動) ここでは「~を決定する」の意。

the only thing that money determined was access to 〜: “that” は関係代名詞で先行詞は “the only thing”。 “was” の前までが主語。全体では「お金が決定する唯一のものが〜へのアクセスだった」から、ここでは「お金が唯一関係してくるのが〜と関係することだった」の意。

If the only thing 〜, inequality wouldn’t …: 仮定法過去で現在の状況と反対のことを仮定している。「もし〜であれば、…なのに」の意。仮定法過去なので、If節の動詞は “were” が正しいが口語では “was” も使われる。

increasingly /inkríːsiŋli/ (副) ますます

come + to不定詞: 〔良くない状態に〕なってしまう

govern /gʌ́vərn/ (動) ~を支配する

essential /isénʃl/ (名) (生活)必需品、不可欠なもの ⇨ “the essentials of the good life”「豊かな暮らしに不可欠なもの」の意。次にそれらの例をあげている。

decent /díːsnt/ (形) 適切な

political voice: 政治的発言

campaign /kæmpéin/ (名) 選挙運動

a great deal: 副詞的に「大いに、かなり」の意。

marketization: 市場化

sharpen /ʃɑ́ːrpn/ (動) ~を際立たせる

sting /stíŋ/ (名) 心の痛み、苦痛 ⇨ “sharpens the sting of inequality”「不平等さの苦痛を際立たせる」の意。

decent /díːsnt/ (形) 適切な

civic /sívik/ (形) 市民の

consequence /kɑ́nsəkwèns/ (名) 結果

and (sharpens the sting of) its social and civic consequence: カッコ内が省略されている。“its” は “inequality’s” のこと。

Paragraph 6

There’s a second reason apart from the worry about inequality, and it’s this: with some social goods and practices, when market thinking and market values enter, they may change the meaning of those practices and crowd out attitudes and norms worth caring about.

apart from 〜: ~は別として

it’s this: “it” は “second reason”、“this” はこれから言うこと。

with: ここでは「〜に対しては」のニュアンス。

social good: 社会財

social practice: 社会的慣習

they may change: “they” は “market thinking and market values” を示す。
and (they may) crowd out 〜: カッコ内が省略されている。“they” は “market thinking and market values” を示す。

crowd /kráud/ (動) ~に圧力をかける “crowd out”「圧力をかけて外へ出す」から「締め出す」の意。

norm /nɔ́ːrm/ (名) 〔社会における行動の〕規範、基準

worth /wə́ːrθ/ (形) ~の価値がある ⇨ “worth 〜ing”「~する価値がある」の意。ここでは、後ろから “attitudes and norms” を修飾している。「“care about” する価値のある “attitudes and norms”」の意。

care about 〜: ~を大切にする

英語学習にもっとビジネス感覚を。費用対効果重視のビジネスパーソン限定。

English Tutors Network サイト