仕事で使えるMyフレーズ

晴山陽一(著者)[Z会]¥1,600+税

仕事で使えるMyフレーズ

内容紹介:仕事で使えるMyフレーズ

  • ビジネスパーソンの皆さんに、ビジネス英語に慣れ親しんでもらい、その基礎をつくることが目的。

  • 中学範囲の英語知識だけで、仕事の現場でよくある60シーンに対応。仕事で使える英語「はじめの一歩」の1冊。

  • 各レッスンで学習した英文の単語を入れ替えて「Myフレーズ」が作れ、実際の仕事で使うことができる。

  • 各レッスンの英文に中学範囲の文法項目が盛り込まれており、基本文法も同時に復習可能。

  • 音声ファイルは無料でダウンロード可能。

ETNコメント:仕事で使えるMyフレーズ

  • 外資系に勤める若手営業担当者ケンの1日を60のシーンに分け、ビジネスでよく使用される基本フレーズ覚えていく形式。

  • メインの英文を参考にし「Myフレーズをつくろう」で、学習者に英文を作ってもらい、それを覚えてもらうことになるが、(答えがないので)作った英文が正しいかどうかの判断が学習者にできない。日本人講師と一緒に使用した方が効率的だと思います。

  • 中学3年間で学習する文法項目を60に分け、1シーンに1つの文法項目をカバーしている点は、基本文法の復習となるので良いと思います。

  • 「もっと使ってみよう」では、学習した1つの文法項目を使用した、ビジネスでよく使用される例文を追加で紹介しているが、難しい単語・文法などが十分に説明されずに掲載されています。初級の学習者が独学で学習を進めるには不親切です。

  • ターゲットは初中級者(TOEIC500点以下)だと思いますが、独学よりも、日本人講師とのレッスンで使用することをおすすめします。

  • 無料でダウンロードできる音声は、メインの英文と「もっと使ってみよう」の例文。ナチュラルより若干遅い。アメリカ英語。

おすすめ使い方:仕事で使えるMyフレーズ

  1. 英文を見ずに、まずはメインの英文を2〜3回聞いてみましょう。どれくらい理解できるか確かめよう!

  2. 英文を目で追いながら聞いてみましょう(アイ・シャドーイング)。特に、1. で聞き取れなかったところに意識を集中して、2〜3回やってみよう。

    詳しいアイ・シャドーイングの方法はこちら

  3. 音源を聞かずに、意味と文の構造(文法)を確認しながら音読してみましょう。意味が理解できないところは、欄外の「重要語句」で確認しましょう。文の構造には特に注意して 2〜3回音読してください。

    詳しい音読の方法はこちら

  4. 再度、意味に意識を集中して 2〜3回アイ・シャドーイングした後、今度は、発音に意識を集中しながら、英文を見ながら音源に合わせて口パク(リップ・シンク)してみましょう(2〜3回)。

    詳しいリップ・シンクの方法はこちら

  5. 英文を見ながら、音源に合わせて一緒に声を出してみましょう(オーバーラッピング)。意味に意識を集中して 2〜3回。そして発音に意識を集中して 2〜3回行ってください。うまくオーバーラッピングできない場合は、発音(個々の音、アクセントの位置、音声変化、強弱、イントネーション)に注意しながら、数回音読してみよう。

    詳しいオーバーラッピングの方法はこちら

    発音記号についての概要説明はこちら

    アクセントについての概要説明はこちら

    音声変化についての概要説明はこちら

    強弱・イントネーションについての概要説明はこちら

  6. 音声を聞くときは英文を目で追い、CDを止めて顔を上げて(英文を見ずに)暗唱して見ましょう。(音声付きルックアップ&セイ)

    詳しいルックアップ&セイの方法はこちら

  7. 英文を見ずに音源を聴き、1文1文CDと止めて暗唱してみましょう。(リピーティング)。

    詳しいリピーティングの方法はこちら

  8. 英文を見ないで、音源を聞きながら、1〜2語後から、追っかけるように発音してみましょう(シャドーイング)。何度か繰り返し、余裕が出てきたら、意味に意識を集中しながら行いましょう。うまくシャドーイングできない場合は、音声変化と強弱・イントネーションに注意しながら数回音読してみよう。

    詳しいシャドーイングの方法はこちら

  9. 今度は「Myフレーズをつくろう」で、自分自身が仕事で使う場面を想像しながら、自分自身のフレーズを作ってみよう!作った英文は、英語ができる人に確認した方が無難です。作った英文が正しいことを確認したら、英文を見ないで言えるように何度も声を出しながら練習してください。

* 余裕があれば「もっと使ってみよう」の例文も、上記の流れを参考にしながら、自分での使えるようにしていってください。

TOEIC特化の学習は非効率。話せるTOEIC高得点を目指すならETN。

English Tutors Network サイト