Non-verbal Communication and Sociolinguistics

英語力以外のコミュニケーション能力も必要?

llll ハイ・コンテクスト文化の日本の課題は交渉力!

 

文化人類学者のエドワード・ホールの提唱している概念にハイ・コンテクスト文化とロー・コンテクスト文化があります。前者では、いちいち言葉で伝えなくても、相手の意図を察し合うことでコミュニケーションが成り立ちやすく、後者では、言葉で理論的に証明しなければ意思疎通が難しい文化のことです。

 

日本は前者であり、アメリカや北ヨーロッパ諸国は後者といわれています。そして、グローバルなビジネス環境もロー・コンテクスト文化だといえます。

 

日本人は概して苦手かもしれませんが、グローバルなビジネス社会で伍していくためには、自分の意見を理路整然と明確に表現し、議論できるスキル、すなわちディベート力も身につけておく必要があります。それが交渉力の強化につながります。

llll ことば以外のコミュニケーション力が重要!

 

「ことばの能力」とは、ここでは英語の能力。ビジネスの様々な状況において、適切で正確な英語で、自分の意見とその根拠を表現でき、そして相手を正確に理解できる英語力のこと。適切で正確なコミュニケーションのために必要なものが「ことばの能力」=「英語力」

 

一方で、円滑で効果的・効率的なコミュニケーションに必要なものが「ことば以外の能力」。ことば以外で、コミュニケーションに影響を与える要素についての知識のこと。これらは、ことば以上にコミュニケーションにおいて大きな意味をもつ場合があります。

 

例えば、上記で触れた交渉術に加えて、プレゼンテーションやミーティングの進め方、英語での論理的な文章の書き方や話し方、コミュニケーション上のルールやマナー、ボディ・ランゲージなども含まれます。文化の違いによるものも多いため、日本の常識が通じないことも多く、このことが円滑なコミュニケーションの阻害要因になる場合があります。

llll 英語力が向上すると要求される社会言語能力!

 

社会言語要素とは、文化や歴史などの社会背景の違いにより、同じ語彙や表現でも違う意味を持ったり、適切であったり不適切であったりする要素。状況や場面に応じて、社会的に「適切な」語彙や表現を使う能力を社会言語能力といいます。この能力が欠けていると円滑なコミュニケーションができません。

 

例えば「すみません」=”I am sorry”は、日本では、壊れた関係を修復しようとする熱意の現れと見なされ、必ずしも責任を認めたとはとられませんが、アメリカでは悪事や不正行為を認めることと受け止められるので、「すみません」や「申し訳ありません」という意味での “I am sorry” は滅多に使われません。

 

このような知識は、「ことば以外の要素」同様、英語力が向上すると、当然のこととして期待されるコミュニケーション能力の一つですが、体系化されていない知識が多いので習得が非常に難しい。

 

これら社会言語能力と「ことば以外の要素」については、英語を支えている社会、文化、歴史などの様々な分野の広い知識と共に、時間をかけて常識の一部として徐々に身につけていくしかありません。相手が英語圏出身ではない場合は、その国の文化などの知識とともに理解しておく必要があります。

英会話は自主トレがMUST。ETNのネイティブ&日本人トレーナーと共に着実に。

English Tutors Network サイト