表現のための実践ロイヤル英文法

例文暗記CD付き 綿貫 陽(著者)[旺文社]¥2,100+税

表現のための実践ロイヤル英文法

内容紹介:表現のための実践ロイヤル英文法

  • ネイティブ感覚を身につけて「標準英語」を話し、書くことができるようになることを目標としている。

  • 文法の解説は、上記の目的から、枝葉末節的なこと、および一時的に流行している俗語などは取り上げていない。

  • 全24章の各章末に、基礎的問題の「確認問題」と、TOEIC形式の「実践問題」を掲載。

  • 付属の「英作文のための暗記用例文300」は、本書から抜粋した必須の英文(短文)300が掲載されており、CDにはそれらの音声を収録。すべて、英文を書くために暗記すべき英文ばかりとしている。

表現のための実践ロイヤル英文法 アマゾンページへ

ETNコメント

  • 「枝葉末節的なことは取り上げていない」とありますが、「総合英語フォレスト」と比較すると、文法項目毎に、より詳細な説明が掲載されています。

  • 中学や高校1年程度の文法から復習したい方にはあまり適していません。TOEIC600点以上の方が、辞書的に使用するには良い文法書だと思います。

  • 各章末の問題については、「確認問題は初学者でもできるようにしてある」とありますが、決して簡単な問題ばかりではありません。

  • 例文は、すべて信頼でいる新聞・雑誌・ガイドブックその他幅広い分野から、コンピューターで検索したものを、ネイティブが検証、修正したとあります。コーパスを活用していない様なので、実際よく使用される表現なのかどうかという点で、それらの選定に多少の不安はあります。

  • 付属の「英作文のための暗記用例文300」には、「書く・話す」ための例文と日本語訳、そして「書く・話す」ための簡単な説明が掲載されています。この説明と、「Point」毎の、●箇条書きの説明が、頭の中で英作文する際の非常に良いヒントになります。

  • 付属のCDの「CD1」には、上記「暗記用例文300」の日本語訳 → 英語(ゆっくりめ)→ 英語(ナチュラルスピード)の順に録音されています。「CD2」には、英語(ナチュラルスピード)のみ収録されています。

  • 「暗記用英文300」は、本書から暗記に適した基本的英文を、筆者の経験を基に選び、必要の応じ、やさしく書き直したものとあります。「経験に基に」というところが若干気にはなります。

  • また、「暗記用例文300」を日本語から英文にできるように練習することを推奨しています。これは従来から日本の中学・高校で行われている英作文の授業のやり方そのものであり、ETNはお勧めしません。英語を使用する際、頭から日本語を排除しない限り、英語でスムーズにコミュニケーションできるようになることは不可能だから。

おすすめ使い方:表現のための実践ロイヤル英文法

  1. まずは「Point」毎の●箇条書きの説明をよく読みましょう。頭の中で英作文する際のヒントが書かれています。

  2. 付属のCD-2に録音されている英文(ナチュラルスピード)を、テキストを見ずに一文ずつリピートしてみましょう。リピートしようと思うとできないものです。意味を理解することに意識を集中しよう。聞き取れない場合は2〜3回繰り返すこと。

    詳しいリピーティングの方法はこちら

  3. 意味は理解できるがリピートできない場合は、理解した意味を基に、自分のことばで表現してみよう(リプロデューシング)。必ず文法に注意すること!

    詳しいリプロデューシングの方法はこちら

  4. 2〜3回聞いても意味が理解できない場合は、書き取ってみよう(ディクテーション)。聞き取れないところは空欄で、スペルが分からなければカタカナでも構いません。2〜3回繰り返した後、テキストを見て聞き取れない理由を検証しよう。

    詳しいディクテーションの方法はこちら

  5. テキストを見て、音読しながら、単語の意味と文の構造(文法)を確認しましょう。そして、青字の説明を読み、頭の中で英作文する際のコツをつかもう。まだわからない場合は、本書や辞書で確認しよう!

    詳しい音読の方法はこちら

  6. 単語の意味と文の構造を完璧に理解したら、テキストを見ながら英文を聞きましょう(アイ・シャドーイング)。意味はもちろんですが、発音(個々の音、アクセントの位置、音声変化、強弱、イントネーション)を意識してリップ・シンクもしくは同時に発音しながら繰り返し聞きましょう。

    詳しいアイ・シャドーイングの方法はこちら

    詳しいリップ・シンクの方法はこちら

    発音記号についての概要説明はこちら

    アクセントについての概要説明はこちら

    音声変化についての概要説明はこちら

    強弱・イントネーションについての概要説明はこちら

  7. 次はルックアップ&セイを試してみよう。音声は止め、一文を黙読した後、英文から目を外し(ルックアップ)、大きな声を出して暗唱してみよう(セイ)。

    詳しいルックアップ&セイの方法はこちら

  8. 再度、テキストを見ないでリピートしてみよう。今度はできるはずです!リピートできたら、今度は、同じ意味の別の文に言い換えてみよう(リフレージング)。

    詳しいリフレージングの方法はこちら

* 本書の「効果的な使い方」には、CD-1で和文を聞いて、それを英文にする練習を推奨していますが、それを繰り返していると英語を英語のまま使えるようになりません。

ビジネスで通用する英会話力を目指すなら、科学的トレーニング法のETN。

English Tutors Network サイト