Sheryl Sandberg – 2

TED 2010「なぜ女性のリーダーは少ないのか」オリジナル動画はこちら

シェリル・サンドバーグ の英語解説 – 2

– TED 2010 “Why we have too few women leaders” par. 4-6 –

Paragraph 4

Now, at the outset, I want to be very clear that this speech comes with no judgments. I don’t have the right answer. I don’t even have it for myself. I left San Francisco, where I live, on Monday, and I was getting on the plane for this conference. And my daughter, who’s three, when I dropped her off at preschool, did that whole hugging-the-leg, crying, “Mommy, don’t get on the plane” thing. This is hard. I feel guilty sometimes. I know no women, whether they’re at home or whether they’re in the workforce, who don’t feel that sometimes. So I’m not saying that staying in the workforce is the right thing for everyone.

outset /áutsèt/ (名) 手始め

I want to be very clear that 〜:「“that” 以下のことをクリア(明確)にしたい」の意。

come with 〜: ~が付いている

judgment /dʒʌ́dʒmənt/ (名) 判断

right /ráit/ (形) 正しい

I don’t even have it for myself: “even” は「〜さえ」の意。“it” は、前のセンテンスの “right answer” のこと。全体の意味は「私自身でさえ正しい答えは持っていない」の意。

, where I live,: “where” は関係副詞で先行詞は “San Francisco”。“where” の前にカンマがあるので「非制限用法」の関係副詞。「そして、そこに私は住んでいる」のように、補足的に説明する関係副詞節。

I was getting on 〜: 過去進行形で、過去の時点で近い将来を表し「〜しようとしていた」の意。 “get on 〜” は、飛行機やバス、電車などに「乗る」の意。ちなみに、小さめのタクシーや乗用車は “get in 〜”。

conference /kɑ́nfərəns/ (名) 会議

daughter /dɔ́ːtər/ (名) 娘

, who’s (is) three,: “who” は関係代名詞で先行詞は “daughter”。“who” の前にカンマがあるので「非制限用法」の関係代名詞。「そして、その娘は3歳です」のように、補足的に説明する関係代名詞。

drop 〜 off: “drop” は「落とす」の意。“off” は「離れて」のニュアンス。「〜を落として話す」から「〜を(車などから)降ろす」の意。

preschool /príːskùːl/ (名) 〈米〉幼稚園 〈英・米〉kindergarten

did that whole hugging-the-leg, crying: “did” の主語は “my daughter”。 “hugging-the-leg” は「足(leg)にまとわりつく(hug)こと」。 “whole” は「一通り」の意。“crying” は現在分詞で「泣きながら」の意。

thing:〈話〉~ってやつ

hard /hɑ́ːrd/ (形) きつい

guilty /gílti/ (形) 後ろめたい

whether 〜 or whether …: 「〜であろうが、…であろうが」の意。この節は挿入なのでカッコの入れると理解しやすい。

workforce /wə́ːrkfɔ̀ːrs/ (名) 労働力 ⇨ “be in the workforce”:「働いている」の意。

who don’t feel that: “who” は関係代名詞で、先行詞は “woman”。 制限用法の関係代名詞なので「〜を感じない “woman”」の意。 “no” がついているので「〜を感じない女性を知らない」の意。“that” は “guilty”。

staying in the workforce: “stay” は「とどまる」の意で、全体では「働き続ける」の意。

Paragraph 5

My talk today is about what the messages are if you do want to stay in the workforce, and I think there are three. One, sit at the table. Two, make your partner a real partner. And three, don’t leave before you leave. Number one: sit at the table. Just a couple weeks ago at Facebook, we hosted a very senior government official, and he came in to meet with senior execs from around Silicon Valley. And everyone kind of sat at the table. He had these two women who were traveling with him pretty senior in his department, and I kind of said to them, “Sit at the table. Come on, sit at the table,” and they sat on the side of the room. When I was in college, my senior year, I took a course called European Intellectual History. Don’t you love that kind of thing from college? I wish I could do that now. And I took it with my roommate, Carrie, who was then a brilliant literary student — and went on to be a brilliant literary scholar — and my brother — smart guy, but a water-polo-playing pre-med, who was a sophomore.

My talk today is about what the messages are: “what” 疑問詞。 “What are the messages?” が、“about”(〜について)の後の名詞句 “what the messages are” となり「メッセージが何か(について)」の意。

if you do want to 〜: “if” は条件節を導いて「もし〜ならば」の意。“do” は強調で「本当に」の位。

there are three: “three” は “three messages” の意。

make your partner a real partner: “make A C” は「AをCにする」の意。ここでは「あなたのパートナーを本当のパートナーにする」の意。

host /hóust/ (動) もてなす

senior /síːnjər/ (形) 上級の

official /əfíʃl/ (名) 役人

come in: 「入って来る」から「現れる」の意。

execs = executives /igzékjətiv/ (名) 幹部

Silicon Valley: シリコンバレー(米カリフォルニア州)

kind of: (口語)~のような(ここでは「いわゆる」のような意味合い)

He had these two women who were 〜: “had” はここでは「連れていた」の意。“who” は関係代名詞で「〜していた “women”」の意。

pretty /príti/ (副) (口語)とても

traveling with him pretty senior in his department: “him” と “his” は “he = a very senior government official” のこと。 “pretty senior 〜” は、前の “him” もしくは主語の “He” を説明している。

come on: さーさー

on the side of 〜: “on” は「くっついている」ニュアンス。「〜の側面にくっついて」の意。

senior /síːnjər/ (名) 〈米〉(大学の)4年生

course /kɔ́ːrs/ (名) クラス

intellectual history: 思想史

that kind of thing: (口語)そのようなこと

I wish I could do that now: 仮定法過去で「〜ならなあ」の意。 “do that” は 「ヨーロッパ思想史のクラスをとる」こと。全体では「今、ヨーロッパ思想史のクラスをとることができればいいのに。」の意。

took it: “it” は「European Intellectual Historyのクラス」

Carrie, who was 〜: “who” は関係代名詞。前にカンマがあるので非限定用法。「Carrie、そして彼女は〜だった」と補足的に説明する場合に用いる。

then /ðén/ (副) あのとき

brilliant /bríljənt/ (形) 優秀な

literary /lítərèri/ (形) 文学の

go on to be 〜: “on” は「続く」の意のニュアンス。 “go on to 〜” で「〜へと続いていく」。から “be” がつづいて「〜へと続いてなる」の意。

scholar /skɑ́lər/ (名) 研究者

smart /smɑ́ːrt/ (名) 賢い

guy /gái/ (名) (口語)やつ、男

water-polo-playing: 水球をやっている(複数の単語を組み合わせて、形容詞として後に続く名詞修飾する場合は、 “-” をつけて一つの単語にする。)

pre-med = premedical student: 医学部進学課程の学生

sophomore /sɑ́fəmɔ̀ːr/ (名) 〈米〉(大学の)2年生

Paragraph 6

The three of us take this class together. And then Carrie reads all the books in the original Greek and Latin, goes to all the lectures. I read all the books in English and go to most of the lectures. My brother is kind of busy. He reads one book of 12 and goes to a couple of lectures, marches himself up to our room a couple days before the exam to get himself tutored. The three of us go to the exam together, and we sit down. And we sit there for three hours — and our little blue notebooks — yes, I’m that old. We walk out, we look at each other, and we say, “How did you do?” And Carrie says, “Boy, I feel like I didn’t really draw out the main point on the Hegelian dialectic.” And I say, “God, I really wish I had really connected John Locke’s theory of property with the philosophers that follow.” And my brother says, “I got the top grade in the class.” “You got the top grade in the class? You don’t know anything.”

Greek /gríːk/ (名) ギリシャ語

Latin /lǽtn/ (名) ラテン語

goes to 〜: ここでも、文法的には過去形が正しいが、臨場感をもたせるために現在形が使われている。以後指摘はしないが、同じ理由で、過去形ではなく現在形が使われている場合が多くある。

lecture /léktʃər/ (名) 講義

most of 〜: ~の大部分

a couple of 〜: 2、3の~

march 人 up to 〜: (人)を強制的に〜へ連れて行く

a couple days before 〜: ~の2、3日前(ここでは「~の2、3日前に」と副詞的に使われている。)

tutor /tjúːtər/ (動) 家庭教師をする

get himself tutored: “get” は使役動詞で「~に…させる」の意。ここでは「彼自身を家庭教師させる」から「家庭教師を受ける」の意。

walk out: 外へ出る

each other: お互いに

draw out: draw /drɔ́ː/ (動) 描く、out「外」で「描き出す」から「表現する」のニュアンス。

Hegelian /heigéiliən/ (形) ヘーゲル派哲学の

dialectic /dàiəléktik/ (名) 弁証(法)

connect /kənékt/ (動) つなぐ ⇨ “connect ~ with …”:「~を…につなげる」

I really wish I had really connected ~: I wish (that) I + 過去完了で、仮定法過去完了「〜(しなかったけど)していたらよかったのになあ」の意。

John Locke: ジョン・ロック(1632-1704 英国の哲学者)

property /prɑ́pərti/ (名) 《法律》所有権

philosopher /fəlɑ́səfər/ (名) 哲学者

the philosophers that follow: “that” は関係代名詞。“follow” の後に “John Locke” が省略されている。「(John Locke に)つづく哲学者達」の意。

grade /gréid/ (名) 成績の評価

英語学習にもっとビジネス感覚を。費用対効果重視のビジネスパーソン限定。

English Tutors Network サイト