Sheryl Sandberg – 4

TED 2010「なぜ女性のリーダーは少ないのか」オリジナル動画はこちら

シェリル・サンドバーグ の英語解説 – 4

– TED 2010 “Why we have too few women leaders” par. 10-13 –

Paragraph 10

The saddest thing about all of this is that it’s really hard to remember this. And I’m about to tell a story which is truly embarrassing for me, but I think important. I gave this talk at Facebook not so long ago to about 100 employees, and a couple hours later, there was a young woman who works there sitting outside my little desk, and she wanted to talk to me. I said, okay, and she sat down, and we talked. And she said, “I learned something today. I learned that I need to keep my hand up.” “What do you mean?” She said, “You’re giving this talk, and you said you would take two more questions. I had my hand up with many other people, and you took two more questions. I put my hand down, and I noticed all the women did the same, and then you took more questions, only from the men.” And I thought to myself, “Wow, if it’s me — who cares about this, obviously — giving this talk — and during this talk, I can’t even notice that the men’s hands are still raised, and the women’s hands are still raised, how good are we as managers of our companies and our organizations at seeing that the men are reaching for opportunities more than women?” We’ve got to get women to sit at the table.

saddest /sǽdəst/ (形) “sad”「悲しげな」の最上級。 sad (原級) – sadder (比較級) – saddest (最上級)

all of this: “this” は「話したこと」 ⇨ “all of this”「今まで話したことすべて」の意。

hard /hɑ́ːrd/ (形) 難しい

it’s (it is) really hard to remember this: “it is 〜 to…” で “it” は “to” 以下を示す。 “this” は上記の “this” と同じく「話したこと」。

be about to 〜: まさに~しようとしている

story which is 〜: “which” は関係代名詞で「〜である “story”」の意。

truly /trúːli/ (形) 本当に

embarrassing /imbǽrəsiŋ/ (形) きまり悪い

not so long ago: そんなに昔でないときに

I gave this talk at Facebook not so long ago to 〜: “this talk” は「今まで話したこと」。 “give + (物) + at (場所) + to (人)”「(物) を (場所) で (人) に与える」の意。

a couple hours later: “a couple (of) hours later” で (of) が省略されている。

a young woman who works there sitting 〜: “who” は関係代名詞で「〜な “young woman”」の意。 “sitting” は分詞構文で「〜している」。全体では「〜に座っている、そこ(Facebook)で働いている若い女性」の意。

outside /áutsàid/ (前) ~の外(側)に

keep my hand up: “keep + (名詞) + (形容詞)” で「(名詞) を (形容詞) に保つ」。ここでは「私の手を挙げ続ける」の意。

You’re (were) 〜: “You” はスピーカーのSherylのこと。

you said (that) you would take two more questions: “said” と時制を一致させて “will” が “would” に。 “take questions”「質問を受ける」の意。

I had my hand up with 〜: “have + (名詞) + (形容詞)” で「(名詞) を (形容詞) する」。ここでは「〜と一緒に私は手を挙げた」の意。

put my hand down: “put + (名詞) + (形容詞)” で「(名詞) を (形容詞) に置く」の意。ここでは「手を下げた」。

notice /nóutəs/ (動) 気が付く

(that) all the women did the same: “did the same” は “put (their) hands down” の意。

think to oneself: 「〜自身に考える」から「ひそかに考える」の意。

if it’s me (…) giving this talk: “if” は条件説を導いている。「もし、この話を提供している、この私が!」という驚きを表している。

who care about this: “who” は関係代名詞で先行詞は “me”。 “care” (動)「気にする」から 「〜について気にかける」の意。 “this” は「話したこと」。全体では「話したことについて気にかけている私」の意。

obviously /ɑ́bviəsli/ (副) 言うまでもなく

I can’t even notice that the men’s hands are still raised, and the women’s hands are still raised: 過去形が正しいが、臨場感を持たせる為に現在形が使われている。「男女両方の手が挙がっていることすら気づかなかった」のニュアンス。

be good at 〜: ~が得意[上手]である

see /síː/ (動) 理解する

How good are we (as managers of our companies and our organizations) at seeing that 〜?: カッコを飛ばして読むと理解しやすい。 “We are good at 〜” を “How” 疑問文にした形。 ⇨ 「 (“our companies and our organizations”) のマネジャーである私たちは、“that以下” のことを理解 (“see”) することについて、どれほど “good” なのか?」の意。

reach /ríːtʃ/ (動) 手を伸ばす ⇨ “reach for 〜”「〜に手を伸ばす」

opportunity /ɑ̀pərtjúːnəti/ (名) チャンス

We’ve (We have) got to 〜: “have got to 〜” = “have to 〜”「〜しなければならない」の意。口語表現。

get women to sit at 〜: “get (人) + to不定詞” 「(人) に〜させる」の意。ここでは「女性に〜に座らせる」の意。

Paragraph 11

Message number two: Make your partner a real partner. I’ve become convinced that we’ve made more progress in the workforce than we have in the home. The data shows this very clearly. If a woman and a man work full-time and have a child, the woman does twice the amount of housework the man does, and the woman does three times the amount of childcare the man does. So she’s got three jobs or two jobs, and he’s got one. Who do you think drops out when someone needs to be home more? The causes of this are really complicated, and I don’t have time to go into them. And I don’t think Sunday football-watching and general laziness is the cause.

Message number two: ここからが彼女の2つ目のメッセージ。

partner /pɑ́ːrtnər/ (名) 配偶者

Make your partner a real partner: “make + (目的語1) + (目的語2)”「 (目的語1) を (目的語2) にする」の意。

convince /kənvíns/ (動) 納得させる ⇨ “become convinced”「納得する」の意。

I’ve (I have) become convinced that 〜: 完了を表す現在完了形で「〜であると納得した」の意。

we’ve made 〜: 現在完了形で「〜してきた」の意。

progress /prɑ́gres/ (名) 前進 ⇨ “make progress”「前進する」の意。

more 〜 than we have (made progress) in the home: カッコ内が省略されている。「家庭よりも〜でより進歩した」の意。

shows this: “this” は前文の “that” 以下のこと。つまり「家庭よりも職場でより進歩した」こと。

If a woman and a man 〜: 条件説を導く “if” で「女性と男性が〜したとすると」の意。

full-time /fúltáim/ (副) フルタイムで

twice /twáis/ (副) 2倍に

amount /əmáunt/ (名) 総量

housework /háuswə̀ːrk/ (名) 家事 ⇨ “do (the) housework”「家事をする」の意。

twice the amount of 〜: 2倍の量の〜 ⇨ “the woman does twice the amount of housework the man does”「女性は男性の2倍の量の家事をする」の意。 “the man” の前に関係代名詞が省略されている。

childcare /tʃáildkὲər/ (名) 育児 ⇨ “do (the) childcare”「育児をする」の意。

she’s (She has) got 〜: have/has got = have/has 口語では “got” を入れる場合が多い。

drop out: “drop” (動)「落ちる」と “out”「外に」から「外に落ちる」→「脱落する」の意。

Who (do you think) drops out: “do you think” は挿入句と考えてカッコに入れると理解しやすい。 “Who drops out 〜 ?”「誰が脱落するか?(あなたはどう思う?)」の意。

someone needs to be home more: 「誰かがより(多くの時間)家にいる必要がある」の意。

cause /kɔ́ːz/ (名) 要因 ⇨ “The causes of this” の “this” は「女性の方がより多くの家事や育児をすること」

complicate /kɑ́mpləkèit/ (動) ~を複雑にする ⇨ “be complicated”「複雑である」の意。

go into them: “go into 〜”「〜を議論する」の意。 “them” は「女性の方がより多くの家事や育児をする “causes”」

Sunday football-watching: 日曜に(アメリカン)フットボールを見ること

general /dʒénərəl/ (形) 一般的な

laziness /léizinəs/ (名) 怠惰

Paragraph 12

I think the cause is more complicated. I think, as a society, we put more pressure on our boys to succeed than we do on our girls. I know men that stay home and work in the home to support wives with careers, and it’s hard. When I go to the Mommy-and-Me stuff and I see the father there, I notice that the other mommies don’t play with him. And that’s a problem, because we have to make it as important a job, because it’s the hardest job in the world to work inside the home, for people of both genders, if we’re going to even things out and let women stay in the workforce.

society /səsáiəti/ (名) 社会

pressure /préʃər/ (名) プレッシャー ⇨ “put pressure on 〜 to …”「…するように~にプレッシャーをかける」

more pressure 〜 than we do on our girls: 「女子より男子によりプレッシャーをかける」の意。 “do” は “put pressure” のこと。

men that stay home and work in the home to 〜: “that” は関係代名詞で先行詞は “men”。「〜するために家にいて家で仕事をする “men”」の意。

support wives with careers: “support (人) with 〜”「〜について (人) をサポートする」の意。ここでは「キャリアについて妻たちをサポートする
」。

Mommy-and-Me stuff: 母 (mommy) と子の行事 “stuff” (名) 漠然と「事柄」の意。

play with 〜: 「〜と遊ぶ」の意。 “play” (動)「遊ぶ」

make /méik/ (動) ~にする ⇨ “make 〜 as …”「〜を…にする」の意。

as important a job: 例えば、“He is as nice a person as his father.” のように比較を表す “as 〜 as” の場合は “as nice a person as ” の語順になる。 “job” の後に “as 〜” が省略されているとも考えられる。

gender /dʒéndər/ (名) 性別

if we’re (are) going to 〜: “be going to 〜” は、ここでは意思を表し「~するつもりである(ならば)」の意。

even /íːvn/ (動) ~を平等にする ⇨ “even 〜 out”「〜を…に平等にする」の意。 “thing” は漠然と「物事」の意。

stay in 〜: 〜にとどまる

let /lét/ (動) させる ⇨ “let women stay in 〜”「女性に〜にとどまらせる」の意。

Paragraph 13

Studies show that households with equal earning and equal responsibility also have half the divorce rate. And if that wasn’t good enough motivation for everyone out there, they also have more — how shall I say this on this stage? They know each other more in the biblical sense as well.

household /háushòuld/ (名) 家庭 “households with 〜”「〜をともなう家庭」の意。

equal /íːkwəl/ (形) 等しい

earning /ə́ːrniŋ/ (名) 収入

divorce /divɔ́ːrs/ (名) 離婚 ⇨ “divorce rate”「離婚率」

half /hǽf/ (名) 半分 ⇨ “half (of) the divorce rate” の “of” が省略されている。

if that wasn’t 〜: “that” は前文全て

motivation /mòutəvéiʃən/ (名) モチベーション

out there: そこの

how shall I say this: “shall” (助動)「~すべきである」の意。 “this” は、ここでは彼女うが言いたいこと。

each other: お互いに

know (人) in the biblical sense: 「性交する」の意。 ⇨ “They know each other more in the biblical sense”「より多く性交する」。

as well: その上

英語学習にもっとビジネス感覚を。費用対効果重視のビジネスパーソン限定。

English Tutors Network サイト