Slash Reading

スラッシュ・リーディングの効果とその方法

スラッシュ・リーディングの効果

  • どうしても後ろから戻り訳す癖が抜けない方向け矯正法。

  • 意味のかたまり毎に前から順番に理解することにより、後ろから戻り訳す癖を矯正し、英語の語順の脳回路の基礎を作る。

  • 英文を前から理解できるようになり、リスニング力向上にもつながる。

スラッシュ・リーディングの方法

  1. 自分のレベルにあった音源付きの長めの英文を用意。

  2. 数語ごとの意味の切れ目にスラッシュ(/)を入れながら、戻り訳しをせずに、そのかたまり毎に意味を理解しながら読む。

  3. 意味が取りづらいときは、かたまり毎に日本語に訳しながら読んでみる。

  4. 最後までスラッシュを入れたら、再度最初から、かたまり毎に意味を理解しながら声を出して読む(音読)。

  5. わからない単語や文法・構文がある場合は、辞書等で調べて完璧に理解してから、発音があいまいのところ、わからないところがある場合は、音源で確認してから、再度行うこと。

スラッシュ・リーディング用サンプル英文

スティーブ・ジョブズ:スタンフォード大学卒業式スピーチから(上級者向け)

SAMPLE-1

It was pretty scary at the time, but looking back it was one of the best decisions I ever made. The minute I dropped out I could stop taking the required classes that didn’t interest me, and begin dropping in on the ones that looked far more interesting. It wasn’t all romantic. I didn’t have a dorm room, so I slept on the floor in friends’ rooms, I returned coke bottles for the 5 cent deposits to buy food with, and I would walk the 7 miles across town every Sunday night to get one good meal a week at the Hare Krishna temple. I loved it.

pretty /príti/ (副) とても

scary /skέəri/ (形) 怖い

at the time 当時は

look back 「後ろを見る」から「振り返る」の意。

ever /évər/ (副) 今までに

but looking back it was one of the best decisions I ever made: “looking back” は分詞構文で “when I look back” の意。通常、分詞構文の意味上の主語 (ここでは “I”) は、文の主語 (ここでは “it”) と同じになるのが原則だが、ここでは異なっている。 “it” は「中退したこと」。 “decisions” の後に関係代名詞 “which” もしくは “that” が省略されている。 “I (have) ever made” は “have” が省略されている。口語ではよくある。「私が今までにした “best decisions”」の意。

the minute (that) S+V: SがVした瞬間に

stop 〜ing: 〜することをやめる (stop to V: Vするために止まる)

required /rikwáiərd/ (形) 必須の

the required classes that didn’t interest me: “that” は関係代名詞で「私の興味を引かない “required classes”」の意。

begin 〜ing: 〜することを始める

drop in on 〜: 〜へ立ち寄る (drop in で「立ち寄る」の意。「どこか」「誰かのところ」に立ち寄るという場合は “on” を付ける)

ones: ここでは “classes” のこと。 その後の “that” は関係代名詞で「 “far more interesting” な “ones”」の意。

look /lúk/ (動) ~のように見える

far more: はるかに

romantic /roumǽntik/ (形) ロマンチックな (直前の “all” は副詞。否定文では、「全てが~というわけではないで」の意。ジョブズはこの “all” をよく使う)

dorm /dɔ́ːrm/ (名) = dormitory 学生寮

deposit /dipɑ́zət/ (名) 保証金

to buy food with: 「食料を買うために」の意。 “with” がなくてもよい様に思えるが、ここでは必要。 例えば “Do you have something to eat?” の場合は “to eat something” と言えるので “to eat” の後は何も必要ない。ここでは “to buy food with 5 cent deposits” となり、 “with” がないと意味が通じない。

I would walk the 7 miles across town every Sunday night: “would” はここでは過去の習慣を表し「〜したものだ」の意。

SAMPLE-2

And much of what I stumbled into by following my curiosity and intuition turned out to be priceless later on. Let me give you one example: Reed College at that time offered perhaps the best calligraphy instruction in the country. Throughout the campus every poster, every label on every drawer, was beautifully hand calligraphed. Because I had dropped out and didn’t have to take the normal classes, I decided to take a calligraphy class to learn how to do this. I learned about serif and sans-serif typefaces, about varying the amount of space between different letter combinations, about what makes great typography great.

much of 〜: 〜の多く

stumble /stʌ́mbl/ (動) 遭遇する ⇨ stumble into 〜: 〜に遭遇する

curiosity /kjùəriɑ́səti/ (名) 好奇心

intuition /ìntjuíʃən/ (名) 直感

much of what I stumbled into by following my curiosity and intuition: ここまでが主語。 “what” は先行詞を含む関係代名詞 (上述参照)。全体の意味は「私が直感と好奇心で遭遇した多くのこと」の意。

turn out to be 〜: 結局~であることが分かる

priceless /práislis/ (形) 値段が付けられないほど貴重な

later on: あとで

Let me 〜: 私に〜させてください

at that time: 当時は

offer /ɔ́(ː)fər/ (動) ~を提供する

calligraphy /kəlígrəfi/ (名) カリグラフィー (美しく書かれた手書き文字) ⇨ calligraph /kəlígrəfi/ (動) 美しく書く

instruction /instrʌ́kʃən/ (名) 教育

throughout /θru(ː)áut/ (前) ~のあらゆる場所に

drawer /drɔ́ːr/ (名) 引き出し

every poster, every label on every drawer, was 〜: “every” は単数で受けるため “was”。

normal /nɔ́ːrml/ (形) 通常の

take a class: 授業を受ける

I had dropped out and didn’t have to take the normal classes, I decided to 〜: “didn’t have to 〜” の時、 “decided to 〜” した時より更に過去のため “had dropped” と過去完了になっている。

to learn how to do this: “learn how to 〜” は「〜する仕方を習う」の意。 “this” は “hand calligraphy”。

serif /sérif/ (名) セリフ書体

sans-serif /sæn(z)sérif/ (名) サンセリフ書体

typefaces /táipfèis/ (名) 活字書体

vary /vέəri/ (動) ~を変える

differing /dífəriŋ/ (形) 異なる

letter /létər/ (名) 文字

combination /kɑ̀mbənéiʃən/ (名) 組み合わせ

about what makes great typography great: “〜 learned about 〜, about 〜, (and) about 〜.” の3つ目の “about”。通常3つ目の前に “and” を入れるが省略されている。 “what” は先行詞を含む関係代名詞 (上述参考)。 “make + O + C” で「OをCにする」の意。全体では「素晴らしいカリグラフィーをより素晴らしくすること」の意。

SAMPLE-3

It was beautiful, historical, artistically subtle in a way that science can’t capture, and I found it fascinating. None of this had even a hope of any practical application in my life. But ten years later, when we were designing the first Macintosh computer, it all came back to me. And we designed it all into the Mac. It was the first computer with beautiful typography. If I had never dropped in on that single course in college, the Mac would have never had multiple typefaces or proportionally spaced fonts.

historical /histɔ́(ː)rikl/ (形) 歴史的な

artistically /ɑːrtístikəli/ (副) 芸術的に

subtle /sʌ́tl/ (形) 繊細な

in a way that S+V: S が V する方法で

capture /kǽptʃər/ (動) 捕らえる

fascinating /fǽsənèitiŋ/ (形) 魅力的

find + O + C: O が C だとわかる

None of A + V: A のどれもが V ではない

hope /hóup/ (名) 見込み

practical /prǽktikl/ (形) 実用的な

application /æ̀plikéiʃən/ (名) 有用性

None of this had even a hope of 〜: “this” は “calligraphy”。 “even” は (副)「~さえも」の意。全体の意味は「カリグラフィーのどれもが〜の見込みさえ持っていなかった」から「カリグラフィーは全く〜の希望すらなかった」の意。

Macintosh /mǽkintɑ̀ʃ/ (名) マッキントッシュ (= Mac)

it all came back to me: “all” は上述参照。 “come back” は「戻ってくる」から「思い出される」の意。全体では「それがすっかり私に戻ってきた」から「それを全て思い出した」の意。

design A into B: 「BにAを設計した」から「BにA組み入れた」の意。

multiple /mʌ́ltəpl/ (形) 多数の

proportionally /prəpɔ́rʃənəli/ (副) 比例的に

space /spéis/ (動) 間隔を空ける

font /fɑ́nt/ (名) フォント ⇨ proportionally spaced fonts: 均整のとれた間隔のフォント

If I had never dropped in on 〜, the Mac would have never had 〜: 仮定法過去完了。ここでは「もしあの時〜しなかったら、〜しなかったであろう」の意。

  1. スラッシュを入れながら、意味のかたまり毎に、前から理解しながら読んでみよう。

  2. わからない単語・文法・構文は確認しよう。発音方法があいまいな場合は音源 (下記参照) で確認しよう。

  3. 意味と発音方法を完璧に理解したら、また数回意味のかたまり毎に理解しながら読んでみよう。

SAMPLE-1 音源
SAMPLE-2 音源
SAMPLE-3 音源

英会話は自主トレがMUST。ETNのネイティブ&日本人トレーナーと共に着実に。

English Tutors Network サイト