Steve Jobs – 4

2005 スタンフォード大学 卒業式スピーチ オリジナル動画はこちら

スティーブ・ジョブズ の英語解説 – 4

– 2005 Stanford Commencement Address: par. 16-20 –

Paragraph 16

Your work is going to fill a large part of your life, and the only way to be truly satisfied is to do what you believe is great work. And the only way to do great work is to love what you do. If you haven’t found it yet, keep looking. And don’t settle. As with all matters of the heart, you’ll know when you find it. And, like any great relationship, it just gets better and better as the years roll on. So keep looking. Don’t settle.

fill /fíl/ (動) いっぱいに満たす

way /wéi/ (名) 方法

truly /trúːli/ (副) 偽りなく

satisfied /sǽtisfàid/ (形) 満足した

the only way to be truly satisfied: “way to 不定詞” で「〜の方法」。ここでは “to be satisfied” と受動態。全体の意味は「偽りなく満足する唯一の方法」。ここまでが主語。

to do what you believe is great work: “you believe” は挿入語。カッコに入れるとわかりやすい。 “what” は先行詞を含む関係代名詞で「〜のこと(もの)」の意。 “what is great work” で「素晴らしい仕事であること」の意。 “you believe” を含めると「素晴らしい仕事であるとあなたが思うこと」の意。

to love what you do: この “what” も先行詞を含む関係代名詞。全体の意味は「あなたがしていることを大好きになること」。

If you haven’t found it yet: 「経験」を表す現在完了形で「まだそれを見つけていないのであれば」の意。 “it” は “what you believe is great work”。

keep looking: “keep 〜ing” で「〜し続ける」。 “look” はここでは「探す」。命令形なので「探し続けろ」の意。

settle /sétl/ (動) 落ち着く

as with 〜: ~のように

matters of the heart: 「ハートのこと」から「恋愛」の意。

you’ll know when you find it: ここでは “know” は自動詞で「知る」の意。 “when” 以下は副詞節のため、主節と同じく未来を表す場合でも “will” はつけずに現在形。全体では「それを見つけた時、あなたはわかる」の意。 “it” は “what you believe is great work”。

like /láik/ (接) (口語) ~のように

get better 「良くなる」 “get” は「(~の状態に) なる」の意。 主語の “it” は漠然と状況を示す。

as: ここでは「~につれて」の意。

roll on: “roll” は「転がる」、“on” は「つづく」のニュアンス。 “roll on” で「転がり続ける」から「(時が) 経つ」の意。

Paragraph 17

My third story is about death. When I was 17, I read a quote that went something like: “If you live each day as if it was your last, someday you’ll most certainly be right.” It made an impression on me, and since then, for the past 33 years, I have looked in the mirror every morning and asked myself: “If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?” And whenever the answer has been “No” for too many days in a row, I know I need to change something.

quote /kwóut/ (名) 引用文

a quote that went something like 〜: “that” は関係代名詞。ここでの “go” は「~と言う」の意。 “something like 〜” は「~のようなこと」の意。

each day: 毎日

as if ~: あたかも~かのように

as if it was your last (day): 仮定法過去のため “was” と過去形になっている (文法的には “were” が正式な形)。 “it” は、ここでは日付を述べる文の主語で日本語には訳さない。 “last” のあとに “day” を入れると理解しやすい。全体では「あたかも、あなたの最後の日であるかのように」の意。

most /móust/ (副) 最も (ここでは比較の意味ではなく強調表現のため通常は “the” をつけない。)

certainly /sə́ːrtnli/ (副) 確実に

right /ráit/ (形) 正しい

you will most certainly be right: “you will be right” に 副詞句の “most certainly” を挿入している。

impression /impréʃən/ (名) 影響、感銘 ⇨ make an impression on 〜: ~に感銘を与える

since then: それ以来

for the past 33 years: ここでの “for” は「〜の間」の意。

I have looked in the mirror: 継続を表す現在完了形。 “look in the mirror” は「鏡を見る」の意。

If today were the last day of my life: 仮定法過去の “if” 節。仮定法の場合は、仮定法であることを強調するために “was” ではなく “were”。「今日が私の人生の最後の日であるならば」の意。

would I want to do what I am about to do today?: 仮定法過去の主節。ここでは疑問文なので「 私は (“what” 以下のことを) したいだろうか?」の意。 “what” は先行詞を含む関係代名詞。 “be about to 〜” は「まさに~しようとしている」の意。 “what” 以下の意味は「私が今日しようとしていること」の意。

whenever /hwenévər/ (接) ~なときはいつでも

too /sə́ːrtnli/ (副) あまりに

in a row: “row” は「列」。「列の中で」から「連続して」の意。

the answer has been “No” for too many days in a row: 継続を表す現在完了。 “〜の間、答えがずっと “No” である” の意。

I know I need to change something: “know” の後に “that” が省略されている。 “know” はここでは「(“that” 以下のことが) わかる」の意。

Paragraph 18

Remembering that I’ll be dead soon is the most important tool I’ve ever encountered to help me make the big choices in life. Because almost everything all external expectations, all pride, all fear of embarrassment or failure – these things just fall away in the face of death, leaving only what is truly important. Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose. You are already naked. There is no reason not to follow your heart.

remember /rimémbər/ (動) 覚えている、思い出す ⇨ remembering that 〜: (“that” 以下のこと) を覚えていること

Remembering that I’ll be dead soon: ここまでが主語。「私はすぐ死ぬということを覚えていること」の意。

tool /túːl/ (名) 手段

encounter /enkáuntər/ (動) (偶然) 出合う

the most important tool I’ve ever encountered: “tool” の後に関係代名詞 “that” もしくは “which” が省略されている。 “I have ever 〜” は経験を表す現在完了形。全体では「私が今まで “encounter” した、最も重要な “tool”」の意。

to help (人) + 動詞の原形: (人) が〜することを助ける (ために)

make a choice: 選択する

external /ikstə́ːrnl/ (形) 外部の

expectation /èkspektéiʃən/ (名) 期待

pride /práid/ (名) 誇り

fear /fíər/ (名) 恐れ

embarrassment /imbǽrəsmənt/ (名) きまり悪さ

failure /féiljər/ (名) 失敗

almost everything all external expectations, all pride, all fear of embarrassment or failure: “almost everything” とそれ以下は同格。 「全ての “expectations”, 全ての “pride” や、全ての “fear” のようなほとんど全てのこと」の意。

fall away: “away” は「離れる」のニュアンス。「落ちて離れる」から「はがれ落ちる」の意。

face /féis/ (動) 直面する ⇨ in the face of ~: ~に直面して

leaving only what is truly important: 分詞構文で「〜しながら」の意。 “while it (= Remembering that 〜 soon) leaves only what 〜” の接続詞 “while” と主語 “it” を省略している。 “what” は先行詞を含む関係代名詞 (意味は前述参照)。

avoid /əvɔ́id/ (動) 避ける

trap /trǽp/ (名) 落とし穴

the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose: “I know” は挿入。カッコに入れると理解しやすい。 “the best way to avoid 〜” で「〜を “avoid” するための最良の方法」の意。 “the trap of thinking” の後に同格の “that” が省略されている。「あなたは失う何かを持っているという “thinking” (考え) の “trap”」の意。

naked /néikid/ (形) 裸の

There is no reason to 〜: 「〜する理由はない」の意。ここでは “to” の前に “not” があるので「〜しない理由はない」の二重否定。 “to”不定詞を否定する場合は、直前に “not” を置く。

Paragraph 19

About a year ago I was diagnosed with cancer. I had a scan at 7:30 in the morning, and it clearly showed a tumor on my pancreas. I didn’t even know what a pancreas was. The doctors told me this was almost certainly a type of cancer that is incurable, and that I should expect to live no longer than three to six months. My doctor advised me to go home and get my affairs in order, which is doctor’s code for prepare to die. It means to try and tell your kids everything you thought you’d have the next 10 years to tell them in just a few months. It means to make sure everything is buttoned up so that it will be as easy as possible for your family. It means to say your goodbyes.

diagnose /dáiəgnòuz/ (動) 診断する ⇨ be diagnosed with 〜: 〜と診断される

cancer /kǽnsər/ (名) がん

scan /skǽn/ (名) 人体のスキャン

tumor /tjúːmər/ (名) 腫瘍

pancreas /pǽŋkriəs/ (名) 膵臓 (すいぞう)

what a pancreas was: 疑問文では “What is a pancreas?” だが、ここでは “what” 以下全体が “know” の目的語をなっているため、疑問文の形ではなく “what a pancreas was” の語順になっている。 また、“didn’t” と時制を一致させるため “was” となっている。「膵臓が何なのか」の意。

certainly /sə́ːrtnli/ (副) 確実に

incurable /inkjúərəbl/ (形) 治療不能の (in = not, cure =「治す」, able = 「可能」) ⇔ curable

The doctors told me (that) this was almost certainly a type of cancer that is incurable: “told” の後に “that” が省略されている。後ろの “that” は関係代名詞で「 “incurable” な “cancer”」の意。

expect /ikspékt/ (動) 予期する

no longer than 〜: 〜の間だけ

and that I should expect to 〜: “that” は “told me (that) 〜” の “that”。

affair /əfέər/ (名) (複数形で) 私事

get one’s affairs in order: 「身辺整理をする」の意。 “order” は名詞で「秩序」。 “in order” で「秩序のある状態」の意。 “get 〜 in order” で「〜を秩序のある状態にする」の意。

code /kóud/ (名) 暗号

which is doctor’s code for prepare to die: “which” は “go home and get my affairs in order” を指す非制限用法の関係代名詞。限定用法と違い、「そしてそれは〜である」と補足的な意味を加える場合の関係代名詞。通常 “for” の後は名詞が来るが、ここでは “prepare” と動詞が来ている。ここは “prepare to die” を引用句「死ぬ準備をすること」の意味の名詞と考える。

It means to 〜: それは〜することを意味する

everything you thought you’d have the next 10 years to tell them: 全体が動詞 “tell” の目的語。“everything” の後に関係代名詞が省略されている。 “you thought” は挿入語。仮定の意味が含まれているため過去形。副詞句の “the next 10 years” 「次の10年間で」をカッコに入れると理解しやすい。 “you would have to tell them” は仮定法過去の主節で「あなたは “them” に言わなければならないであろう」の意。全体では「あなたが次の10年間で子供達 (them) に言わなければならないと思う全て」の意。

make sure (that) 〜: 「確実に~する」の意。 “that” が省略されている。

button up: 「ボタンをしっかり留める」から「(仕事などを) きちんと仕上げる」の意。

so that 〜: 〜 できるように

as 〜 as possible: できるだけ~

it will be as easy as possible for your family: “it” は漠然と状況を表す。

Paragraph 20

I lived with that diagnosis all day. Later that evening I had a biopsy, where they stuck an endoscope down my throat, through my stomach and into my intestines, put a needle into my pancreas and got a few cells from the tumor. I was sedated, but my wife, who was there, told me that when they viewed the cells under a microscope the doctors started crying because it turned out to be a very rare form of pancreatic cancer that is curable with surgery.

live with 〜: 〜 受け入れて生きる

diagnosis /dàiəgnóusis/ (名) 診断

biopsy /báiɑpsi/ (名) 生体検査

where: ここでは “biopsy” を説明するための非制限用法の関係副詞。「そしてそこで〜」の意。 “biopsy” (生体検査) の「場」と考えて “where” を使用している。

stick /stík/ (動) 〜を突き刺す

endoscope /éndəskòup/ (名) 内視鏡

down /dáun/ (前) ~の下方へ

through /θruː/ (前) ~を通り抜けて

intestine /intéstin/ (名) 腸

put 〜 into …: 「〜を…の中に入れる」から、ここでは「〜を…の中に突き刺す」の意。

cell /sél/ (名) 細胞

sedate /sidéit/ (動) (鎮痛剤で) 落ち着かせる ⇨ dedated (形) 鎮静状態の

who was there: 非制限用法の関係代名詞。「そしてその人はそこにいた」の意。

microscope /máikrəskòup/ (名) 顕微鏡 ⇨ view 〜 under a microscope: 顕微鏡で〜を見る

start 〜ing: 〜し始める

cry /krái/ (動) ここでは「叫ぶ」の意。

rare /rέər/ (形) まれな

pancreatic /pæ̀ŋkriǽṭik/ (形) 膵臓 (すいぞう) の

curable /kjúərəbl/ (形) 治癒できる (cure =「治す」, able = 「可能」)

surgery /sə́ːrdʒəri/ (名) 手術 ⇨ with surgery: 手術で

that is curable with surgery: “that” は関係代名詞。

話せるTOEIC高得点を目指そう。効率的で正しいトレーニング方法のETNで。

English Tutors Network サイト