Steve Jobs

スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズ の単語・文法解説

English Guide for Great Quotes by Steve Jobs

スティーブ・ジョブズ
クリックして拡大

“The only way to do great work is to love what you do.”

「すごい仕事を成し遂げる唯一の方法は、やっていることを大好きになること。」

only /óunli/ (形) 唯一の

way /wéi/ (名) 方法

The only way to do great work: ここまでが主語。「 “great work” をするための唯一の方法」の意。

主語 + to不定詞: 「 (主語) は、〜すること」の意。

to love what you do: “what” は先行詞を含む関係代名詞で「〜のこと (もの)」の意。“what you do” で「あなたがすること」の意。全体では「あなたがすることを愛すること」。

スティーブ・ジョブズ
クリックして拡大

“If you are working on something exciting that you really care about, you don’t have to be pushed. The vision pulls you.”

「あなたにとって大切で重要な刺激的なことをやっているならば、あなたは頑張る必要はない。ビジョンがあなたを突き動かしてくれる。」

If you are 〜 /níːd/ (動) ~する必要がある。

need: 条件説で「もし〜であれば」の意。事実と反することを表す仮定法ではない。

work /wə́ːrk/ (動) 働く ⇨ “work on 〜” の “on” は「接触している」イメージで「〜に接して働く」から、ここでは「〜に取り組む」の意。

exciting /iksáitiŋ/ (形) 刺激的な ⇨ “something exciting”「刺激的な何か」: “exiting” は後ろから “something” を修飾している。

really /ríːəli/ (副) 本当に

care /kέər/ (動) 大事[重要]だと思う ⇨ “care about 〜”「~を大事に思う」

that you really care about: “that” は関係代名詞で先行詞は “something”。「あなたが本当に大事だと思う “something”」の意。

have to 〜: 〜をしなければならない ⇨ “don’t have to 〜”「〜する必要はない」

push /púʃ/ (動) 強要する ⇨ “be pushed” 受動態で「強要される」

vision /víʒən/ (名) ビジョン

pull /púl/ (動) 引っ張る

スティーブ・ジョブズ
クリックして拡大

“People who know what they’re talking about don’t need PowerPoint.”

「話すことを理解している人は、パワーポイントを必要としない。」

People who know what they are talking about: この全部が主語。関係代名詞「who」以下が「people」を説明している。また、関係代名詞「what」以下が「know」の目的語。→「What 以下を知っているPeople (= they)」 日本語訳:「自分達 (= people) が話していることを知っている人」

what /hwʌ́t/ (先行詞を含む関係代名詞) ~するもの[こと]⇒ what = the thing which
what they are talking about:「彼ら (= people) が話していること」

talk about 〜 (群動詞) 〜について話す

need /níːd/ (動) ~する必要がある。⇒ このセンテンスの動詞。文の構造が理解しづらい場合は、「who〜about」までを省いて読んでみると理解しやすい。⇒ People don’t need PowerPoint.

PowerPoint (固有名詞) マイクロソフトのプレゼンテーションソフト

英語学習にもっとビジネス感覚を。費用対効果重視のビジネスパーソン限定。

English Tutors Network サイト