TOEIC TEST英単語 超入門編

CD付属 霜村和久(著者)[Jリサーチ出版]¥1,200+税

TOEIC TEST英単語 超入門編

内容紹介:TOEIC TEST英単語 超入門編

  • 初めてTOEICを受ける人向けの、初級者向けの基礎的な語彙力強化教材。TOEIC200〜300点レベルの方が470点程度を目指す単語集とのこと。

  • はじめの一歩として「まずはこれだけ覚えておきたい」単語512を選定したとのこと。TOEICのみならず、実社会で日ごろ何度も出てくる超基本単語ばかりを集めたとのこと。

  • 例文は、各単語の使い方がわかる最低限の長さにし、ビジネスを行う上でそのまま使える内容となっているとのこと。

  • 復習用に学習した例文を使った練習問題が付属。

  • 付属のCDには、単語、意味、例文を収録。

TOEIC TEST英単語 超入門編 アマゾンページへ

ETNコメント:TOEIC TEST英単語 超入門編

  • TOEIC300点未満の方や、これから初めてTOEICを受けるビジネスパーソン向けには良い単語集。

  • 見出し語は512しかないが、単語毎に短い例文がついており、その例文の単語も同時におさらいすれば中学英語の単語はある程度カバーできる。例文も、ビジネスパーソンを対象としているので、(受験用の単語集にありがちな)絶対に使わないであろう表現は含まれていない。

  • 単語選定基準は、「社会人が英語を使ってコミュニケーションをとるために最低限知っておかなければならないかどうか」とのことだが、いまいち曖昧。例えば見出し語に “foggy”(霧が深い)という単語を掲載しているが、この単語を「はじめの一歩としてまずはこれだけ覚えておきたい単語512」に含めるべきなのかは疑問が残る。選定基準をより明確にして欲しい。

  • 類義語や反意語を載せていることは評価できるが、派生語の掲載が少ないことが残念。 見出し語 “negotiation” には、派生語として “negotiate” くらいは載せて欲しい。また、見出し語“advantage” の反意語に “disadvantage” を載せているが、そのすぐ次の見出し語が “disadvantage” になっている。見出し語やその掲載順、派生語や類義語、反意語の選定に詰めの甘さが見られる。改訂版に期待したい。

  • 「効果的な学習方法」として、「読んで、聞いて、書いて、話す」こと、そして「練習問題を解く」、「ディクテーション」、そして「音読」を推奨しているが、これらはETNも同意します。

  • 練習問題は別冊になっており、学習した例文の見出し語部分が空欄になっていて、それを選択肢から選ばせる問題。記号を選ぶ形式だが、スペルを覚えるためにも単語を書き入れた方が効率的でしょう。

  • CDには、見出し語→日本語訳→例文が収録されている(例文の日本語訳は収録なし)。テキストが見れないところでも、CDを聞くだけで単語は覚えられる。

おすすめ使い方:TOEIC TEST英単語 超入門編

  1. テキストを見ながら、CD(見出語と日本語訳・例文)を聞いてみましょう(アイ・シャドーイング)。意味はもちろんですが、発音(必ずアクセントの位置にも注意すること!)を意識して何度か繰り返し聞きましょう。

    詳しいアイ・シャドーイングの方法はこちら

  2. CDを止め、例文の意味と文の構造(文法)を、音読しながら確認しましょう。わからないところは本書や辞書、文法書で確認!

    詳しい音読の方法はこちら

  3. 再度テキストを見ながらCD(見出語と日本語訳・例文)を聞きましょう。リップ・シンクとオーバーラッピングを繰り返しましょう。

    詳しいリップ・シンクの方法はこちら

    詳しいオーバーラッピングの方法はこちら

  4. 見出し語と例文をスムーズに、そして正確に言えるまで音読を繰り返そう。その際、意味を意識しながら行うこと。そして、発音、アクセントの位置、音声変化、強弱、イントネーションも意識してください。発音方法が曖昧な場合は、リピーティングでCDの音声をまねる練習をしてみてください。

    詳しいリピーティングの方法はこちら

    発音記号についての概要説明はこちら

    アクセントについての概要説明はこちら

    音声変化についての概要説明はこちら

    強弱・イントネーションについての概要説明はこちら

  5. 付属の練習問題をやってみよう。ノートを別に用意し、空欄に適切な単語を入れながら、全文をノートに書き出していきましょう。その際声を出しながら書いていくとより効率的です。間違ったところは印をつけておいて、一週間後くらいに再度挑戦してみてください。

  6. 例文のシャドーイングを繰り返し行なってください。その際、意味と発音を必ず意識してください。うまくできない場合は、音読、オーバーラッピング、リピーティング、ルックアップ&セイをやってから再度挑戦してみてください。

    詳しいシャドーイングの方法はこちら

    詳しいルックアップ&セイの方法はこちら

* 余裕が出てきたら、各単語の派生語・類義語・反意語等も確認しましょう。音声がないので、発音がわからない場合は発音記号を確認し、発音しながら覚えましょう。

ネイティブと日本人講師2人がサポート。科学的英会話トレーニングはETN。

English Tutors Network サイト