Vocabulary in Use

[Cambridge University Press]¥3,400程度(実勢価格)

Vocabulary in Use

内容紹介:Vocabulary in Use

  • Vocabulary in Use Intermediate has been written to help learners at this level to improve their English. The material corresponds approximately to level B1 of the Council of Europe’s CEFR (approx. TOEIC 550).

  • This book has made use of the Cambridge English Corpus of written and spoken English.

  • Approaching vocabulary in a variety of ways: topics, word formation, words and grammar, collocation and phrases, functions, concepts, varieties of English, etc.

  • No CD-ROM included. However, on the Vocabulary in Use Companion Web site, you will find a range of free additional activities for vocabulary and listening practice.

  • 「Basic」「Intermediate」「High Intermediate」の3レベル

Vocabulary in Use アマゾンページへ

ETNコメント

  • 「Intermediate」の対象のレベルはTOEIC 550点程度を目指す方となっています。掲載されている語彙や表現は基本的なものが多いですが、本の構成や学習方法を理解することが少々難しいので、TOEIC 500点以下の方が独学用で使用するのは厳しいかもしれません。経験豊富なネイティブ講師と使用することをお勧めします。同じ理由で、「Basic」と「High Intermediate」も独学用に使用することもお勧めしません。

  • CDは付属していません。 “Vocabulary in Use Companion” という Website では、ユニット毎に復習用のエクササイズを行うことができます。また、ユニット毎に、出てくるVocabulary がアルファベット順に並んでおり、そのVocabularyもしくはそのVocabularyを使用した句の音声が録音されています。しかしながら、テキストと連動していないので使いづらい構成になっています。復習としてランダムに聞いて確認するくらいでしょうか。

  • 基本の語彙や英語表現を学習するにはよいテキストです。しかし音声関係があまり充実していません。実際のコミュニケーションでは、単語の発音やストレス、イントネーションやリズムが非常に重要になるので、このテキストを使用する際は、ネイティブ講師と発音を確認しながら進めた方がよいでしょう。

TOEIC特化の学習は非効率。話せるTOEIC高得点を目指すならETN。

English Tutors Network サイト