Warren Buffett

ウォーレン・バフェット

ウォーレン・バフェット の英語名言

English Guide for Great Quotes by Warren Buffett

ウォーレン・バフェット英語名言
クリックして拡大

“Honesty is a very expensive gift. Don’t expect it from cheap people.”

「誠実さはとても高尚な才である。低俗な人にそれを期待してはいけない。」

honesty /ɑ́nəsti/ (名) 正直、誠実

expensive /ikspénsiv/ (形) 高価な

gift /ɑ́gíft/ (名) 才能、資質

expect /ikspékt/ (動) 期待する

it: ここでは “Honesty” のこと。

cheap /tʃíːp/ (形) 尊敬に値しない、ちんけな

ウォーレン・バフェット英語名言
クリックして拡大

“The best investment you can make is in yourself.”

「一番の投資というのは、あなた自身への投資である。」

best /bést/ (形) 最も良い ⇨ “good” 及び “well” の最上級形(good – better – best / well – better – best): “The best imvestment” の様に “the” を必ずつける。(最も良いのは一つしかないため。)

investment /invés(t)mənt/ (名) 投資

make /méik/ (動) ~を行う ⇨ “make investment”「投資をする」の意。

The best investment you can make: “investment” の後に関係代名詞 “that” もしくは “which” が省略されている。「あなたが行うことができる最も良い投資」の意。

yourself /juərsélf/ (名) あなた自身

主語 + is in yourself: “is” の後に “the investment” が省略されている。⇨ “主語 + is the investment in yourself”「(主語)は、あなた自身への投資です。」の意。

ウォーレン・バフェット英語名言
クリックして拡大

“It takes a lifetime to build reputation, and it can be ruined in five minutes. If you really think about that, you might behave differently.”

「信用を築くには一生かかるが、失うのは5分あれば十分である。あなたが本当にそう思うなら、今と違った行動を取ってもよいのではないか。」

lifetime /láiftàim/ (名) 一生涯

reputation /rèpjətéiʃən/ (名) 評判 ⇨ “build reputation”「評判を築く」の意。

It takes 〜 to 不定詞: 「(to 不定詞) するには〜を必要とする」の意。

it can 〜: “it” は “reputation”

ruin /rú(ː)in/ (動) ~を台無しにする ⇨ “be ruined” 受動態で「台無しにされる」の意。

If you 〜: 条件節で「もしあなたが〜なら」の意。仮定法ではない。

think about that: “think about 〜” は「〜について考える」の意。“that” は 前の文全体を指す。

might /máit/ (助動) ここでは「~をしてもよいのではないか」と控えめな提案の意味。

behave /bihéiv/ (動) 行動する

differently /dífərəntli/ (副) 違うように

ウォーレン・バフェット英語名言
クリックして拡大

“Never depend on single income. Make investment to create a second source.”

「一つの収入源に頼るな。二つ目の収入源を得るために投資しろ。」

Never 〜: 強い否定の命令形「絶対に〜するな。」 ⇨ “Don’t 〜” より強い表現。

depend /dipénd/ (動) 頼みにする ⇨ “depend on 〜”「~に頼る」

single /síŋgl/ (形) ただ一つの

income /ínkʌm/ (名) 収入

investment /invés(t)mənt/ (名) 収入 ⇨ “make investment”「投資をする」

create /kriéit/ (動) 作り出す

source /sɔ́ːrs/ (名) 源

ウォーレン・バフェット英語名言
クリックして拡大

“If you buy things you do not need, soon you will have to sell things you need.”

「必要のないものを買うと、必要なものを売らなければならなくなる。」

If 〜: 条件説「もし〜ならば」を導く接続詞。仮定法ではない。

things (that) you do not need: カッコ内の関係代名詞が省略されている。先行詞は “things”。「あなたが必要としないもの/こと」の意。

soon /súːn/ (副) すぐに

have to 〜: ~するしかない

things (that) you need:カッコ内の関係代名詞が省略されている。先行詞は “things”。「あなたが必要とするもの/こと」の意。

ウォーレン・バフェット英語名言
クリックして拡大

“Do not save what is left after spending, but spend what is left after saving.”

「支出後余ったお金を貯蓄するのではなく、貯蓄後余ったお金を支出しろ。」

Do not + 動詞の原形: 否定の命令形で「〜するな」の意。

save /séiv/ (動) ここでは「貯蓄する」 ⇨ saving (名) 貯蓄

what is left: “what” は先行詞を含んだ関係代名詞。“the thing which” に置き換えると分かりやすい。「〜のもの/こと」と訳す。「残ったもの」の意。

leave /líːv/ (動) ~を残す ⇨ “be left” 受動態で「残される」の意。

spend /spénd/ (動) ここでは「支出する」 ⇨ spending (名) 出費

ウォーレン・バフェット英語名言
クリックして拡大

“Never test the depth of river with both the feet.”

「川の深さを両足で確かめることはやめろ。」

Never 〜: 強い否定の命令形「絶対に〜するな。」 ⇨ “Don’t 〜” より強い表現。

test /tést/ (動) 検査する ⇨ “test 〜 with …”「〜を… 検査する」

depth /dépθ/ (名) 深さ

river /rívər/ (名) 川

both /bóuθ/ (形) 両方の ⇨ “both the feet”「両方の足」

foot /fút/ (名) 足 ⇨ (複数) feet

ウォーレン・バフェット英語名言
クリックして拡大

“Do not put all eggs in one basket.”

「一つの籠に全ての卵を入れるな。」

Do not + 動詞の原形: 否定の命令形で「〜するな」の意。

put /pút/ (動) 置く ⇨ “put 〜 in …”「〜を…に入れる」

egg /ég/ (名) 卵

basket /bǽskət/ (名) かご

ウォーレン・バフェット英語名言
クリックして拡大

“Our eyes are placed in front because it is more important to look ahead than to look back.”

「我々の目が前についている理由。それは、後ろを振り返るより、前を見据える方が重要だから。」

place /pléis/ (動) 取り付ける ⇨ “Our eyes are placed”「我々の目がついている」の意。

front /frʌ́nt/ (名) 前面 ⇨ “in front”「前方に」の意。

ahead /ahead/ (副) 前方に ⇨ “look ahead”「前を見る」の意。

back /bǽk/ (副) 後方へ ⇨ “look back”「後ろを見る」の意。

more important to 〜 than to …: 比較で「…するより〜する方がより重要」の意。

ウォーレン・バフェット英語名言
クリックして拡大

“No matter how great the talent or efforts, some things just take time. You can’t produce a baby in one month by making nine women pregnant.”

「どんなに才能があっても、どんなに努力をしても、時間を必要とする事がある。9人の女性を一度に妊娠させたとしても、1ヶ月で子どもは生まれない。」

No matter 〜: 譲歩節を従えて「~であろうとも」。 ⇨ “”No matter how great the talent or efforts (are): 最後に “are” が省略されている(“are” がないと節にはならない)。全体では「素質や努力がどんなに凄くても」の意。

talent /tǽlənt/ (名) 素質

effort /éfərt/ (名) 努力

some /sʌ́m/ (形) <名詞の複数形の前で>「なかには〜のものもある」の意。⇨ “something” は「何か」の意。違いに注意。

just /dʒʌ́st/ (副) 単に

take time: 「時間を取る」から「時間がかかる」の意。

produce /prədjúːs/ (動) 作り出す ⇨ “produce a child” 一般的には「子どもを作る」場合 “produce” という単語はしようしないが(have a child 等が一般的)、ここでは、あえて「子ども」を生産物と捉えて “produce” という単語を使用していると思われる。

in /in/ (前) ここでは「(時間)の中で」の意。 ⇨ “in one month”「一ヶ月で」の意。

pregnant /prégnənt/ (形) 努力

make 人 + 形容詞: 「(人)を〜にする」の意。

by /bái/ (前) ~によって

英語学習にもっとビジネス感覚を。費用対効果重視のビジネスパーソン限定。

English Tutors Network サイト