英会話・ぜったい音読 挑戦編

CD付属 國弘正雄(編)[講談社]¥1,300+税

ぜったい音読 挑戦編

内容紹介:英会話・ぜったい音読 挑戦編

  • 音読トレーニングによって、英語の上級回路作りをすることが目的。題材は「英語 I」の検定済高校教科書7点から、成人でも興味を持てるもの、あるいは持って欲しいものを10レッスン分使用。

  • 英文テキストを、あまり引っかからずに通読できて、だいたい意味がとれる方が対象。TOEIC600点以上(現在のレベル)の方が対象。

ぜったい音読 挑戦編 アマゾンページへ

ETNコメント

  • 本書挑戦編、標準編と入門編とでは、勧める学習方法が違います(版による違いかもしれません)。本書挑戦編では、最初に1回CDを聞いた後、オーバーラッピング(CDに合わせて音読)を1回しただけで、その後何度も音読を繰り返し、筆写することを勧めています。しかし、これでは変な発音が身に付いてしまう可能性があります。英文の意味・文法構造を把握した後、1文毎にリピーティングして正確な発音で音読するトレーニングをすることをお勧めします。

  • 標準編・入門編と同じように、意味内容を意識しながら音読を繰り返すことで、語彙や構文も無意識的に理解(自動化)できるようになります。これは科学的に見ても有効な方法です。

  • この教材は、語彙や構文を無意識的に理解できるようにする自動化と、それにより英文を後ろから訳し戻す癖を矯正すること(前から理解する基礎回路をつくること)を目的としています。

  • CDの音声は標準編より若干早めですが、ナチュラル・スピードより遅めになっています。

おすすめ使い方:英会話・ぜったい音読 挑戦編

  1. 付属のCDに録音されている音源を、テキストを見ずに2〜3回聞いてみましょう。どれくらい理解できるか確かめよう!1回聞いて半分以上理解できない場合は「標準編」から始めてみよう。

  2. 今度はテキストを見ながら音源を聞きましょう(アイ・シャドーイング)。必ず意味を意識して数回繰り返してください。

    詳しいアイ・シャドーイングの方法はこちら

  3. 音読しながら、単語の意味、文の構造(文法)を確認しましょう。わからないところは辞書や文法書で確認すること!

    詳しい音読の方法はこちら

  4. 単語の意味と文の構造を完璧に理解したら、再度、意味を意識しながらテキストを数回音読しよう。その際、文章を前から語順通りに理解するように(戻り訳しはしないで!)意識してください。どうしても戻り訳してしまう方は、意味のかたまり毎にスラッシュを入れながら読む「スラッシュ・リーディング」を試してみてください。発音があいまいな場合はリピーティング(テキストを見ながらでも可)を試してみよう。

    詳しいスラッシュ・リーディングの方法はこちら

    詳しいリピーティングの方法はこちら

  5. 再度テキストを見ながら音源を繰り返し聞きましょう。そして音源に合わせて口パク(リップ・シンク)したり、同時に発音(オーバーラッピング)してみましょう。その際、意味を意識しながら行うこと。そして、発音、アクセントの位置、音声変化、強弱・イントネーションも意識してください。

    詳しいリップ・シンクの方法はこちら

    詳しいオーバーラッピングの方法はこちら

    発音記号についての概要説明はこちら

    アクセントについての概要説明はこちら

    音声変化についての概要説明はこちら

    強弱・イントネーションについての概要説明はこちら

  6. 今後は、シャドーイングにトライしてみよう!意味と発音を意識しながら行ってください。どうしてもついていけない場合は、意味と発音を意識しながら、音読、オーバーラッピングをしっくりくるまで繰り返し練習してから再度シャドーイングにチャレンジしてみよう。

    詳しいシャドーイングの方法はこちら

  7. 最後に、スピーキングにつなげることを目的として、リプロデューシング、リフレージング、サマライジングもやってみよう。

    詳しいリプロデューシングの方法はこちら

    詳しいリフレージングの方法はこちら

    詳しいサマライジングの方法はこちら

* 上記に加えて「書き写し」を行うことは、耳で「聞き」、目で「読み」、口で「発音」することに加えて、手も動かすことになるため、脳に異なる刺激を与えることができ、英語の体得をより促進するといわれています。

話せるTOEIC高得点を目指そう。効率的で正しいトレーニング方法のETNで。

English Tutors Network サイト