カテゴリー別アーカイブ: 強弱/抑揚

強弱とイントネーションについての説明

Prosody

 強弱・イントネーション について

強弱・イントネーション とは!

 

Prosody (プロソディー) とは、広義では、発話の強弱 (リズム)、イントネーション (抑揚) などの音声学的要素のことです。文法によって定められているものと、話者の感情や文脈によって変わるものがあります。

 

比較的平坦な言語であると言われている日本語と比べ、英語は強弱 (リズム) やイントネーション (抑揚) が重要な言語です。それらを誤った形で発話すると、全く理解してもらえなかったり、意図しない意味で伝わったりすることがあります。

 

基本の特徴を理解した後、真似しながら繰り返し練習すれば、徐々に身に付いていきます。

強弱 (リズム) とは!

 

英語は、発話の強弱やスピードの差によって、独特のリズムが生じます。基本的には、意味的に重要なところ (content words 内容語) は強く発話し、あまり重要ではないところ (function words 機能語) は弱く発話しますが、話者の意図や前後の関係で変化することもあります。ちなみに一般的には、強く発話するところはゆっくり、弱く発話するところは早く発話します。

内容語 (content words): 名詞・本動詞・形容詞・副詞・数詞・疑問詞のように実質的な内容を表す語。

機能語 (function words): 代名詞・be動詞・前置詞・接続詞・助動詞・関係詞などのように文法的な関係などを表す語。

 

日本語は平坦な言語と言われます。あまり強弱をつけない言語に慣れた日本人にとっては難しく感じるかもしれません。最初は極端なくらいに強弱を付けて練習してみましょう。

* オレンジ色の単語の太字の部分が強

強弱 (リズム): 内容語を強く、機能語を弱く発話する例

名詞が強

There is a dog under the table.

本動詞・名詞が強

He bought me a watch.

形容詞・名詞が強

She is a safe driver.

本動詞・名詞・副詞が強

You can park your car here.

数詞・名詞が強

There were 5 cats in my garden.

疑問詞・本動詞・名詞が強

Which do you like, cats or dogs?

疑問詞・本動詞・形容詞・名詞が強

Why did you buy this expensive bag?

本動詞・名詞が強

I’m reading a book which I borrowed from the library.

否定語・本動詞・名詞が強

I had never spoken to a foreigner before I entered college.

* オレンジ色の単語の太字の部分が強

強弱 (リズム): 例外(文脈や話者の感情によって変わるもの)

文意から前置詞も強く発話する例

Where are you from?

文意からbe動詞も強く発話する例

Are they from Italy? – Yes, they are.

指示代名詞や所有代名詞を強く発話する例

Is this bag yours?

比較するため前置詞を強く発話する例

It’s under the table, not on the table.

 

英語では、強く発話する場合 (強形) と弱く発話する場合 (弱形) で、発音が変化する単語が多くあります。

* オレンジ色の単語の太字の部分が強

強形と弱形で発音が変化する単語の例

Where are you from?
強 ”from”:/frʌ́m/

– I’m from London.
弱 ”from”:/frəm/

Are they from Italy?
弱 ”are”:/ə/

Yes, they are.
強 ”are”:/ɑ́ː/

Will you close the window?
弱 ”will”:/wəl/

Yes, I will.
強 ”will”:/wíl/

Who gave her a car?
中間 ”her”:/hər/

Did your child give it to her?
弱 ”her”:/ər/

Her child did.
強 ”her”:/hə́ːr/

イントネーション(抑揚)とは!

 

イントネーション(抑揚)とは、音声の言語において、文につけられた音の高低(ピッチ)のパターンを言います。イントネーションの違いによって、話し手の気持ちやニュアンスの違いを表すことができます。イントネーションを間違えると、意図した意味とは全く違う形で相手に伝わってしまう可能性があるので注意が必要です。イントネーションは、文法によって定められているものと、話者の意図によって変わるものがあります。

 

日本語もイントネーションによって気持ちやニュアンスの違いを表しますが、英語は、日本語に比べて、より多くの意味の違いをイントネーションによって伝えることができると言われています。先ずはネイティブ・スピーカーのイントネーションを真似ることから始めましょう。

文法として決まっているイントネーションの例

This is my pencil.


「これは私の鉛筆です。」
「これは私の鉛筆ですか?」

* 単に情報を伝える平叙文でも、文の終わりを上がり調子で言うと疑問文になります。

He doesn’t like sweets, does he?


「彼は甘いものが嫌いだよね。」
「彼は甘いものが嫌いですか?」

* 付加疑問の場合、付加された部分を上がり調子で言うと、確信しているけど念の為に確認している意味になり、下り調子で言うと、確かではない為に尋ねている意味になります。

文法として決まっていないイントネーションの例(話者の意図により変化)

Excuse me.


「すみませんが」
「もう一度言ってください」

* 上がり調子で言う場合と、下がり調子で言う場合とで「意味」が変わります。

Yes.



「はい」
「はい、なんでしょうか」
「まあ、そうですけど」

* 上がり調子、下がり調子、平坦に言う場合とで「意味」と「話者の感情」が変化します。

What is your name?



普通に「お名前は?」
事務的に「名前は?」
高圧的に「名前?」

* イントネーションの違いにより、「話者の態度」が変化します。

目標は「自分の言いたいことを自由に表現できる会話力」。by ETN

English Tutors Network サイト

Rhythms from Steve Jobs

スティーブ・ジョブズ から「強弱(リズム)」を学びましょう。

スティーブ・ジョブズのスピーチを題材に、実践の場での「強弱(リズム)」を説明しています。繰り返し聞き、そして自分でも発音できるようになれば、必ず聞き取れるようになります。

スティーブ・ジョブズ の「強弱(リズム)」解説

2005年 スタンフォード大学卒業式スピーチから(上級者向け)

Paragraph 1

Thank You. I am honored to be with you today for your commencement from one of the finest universities in the world. Truth be told I never graduated from college and this is the closest I’ve ever gotten to a college graduation. Today I want to tell you three stories from my life. That’s it. No big deal. Just three stories.

I am honored to be with you today for your commencement from one of the finest universities in the world: この文では、意味的に重要な単語 (オレンジ色) が強くゆっくりめに発音されている (オレンジ色の単語の太字の部分がアクセントの位置)。逆にそれ以外の部分 (黒字) は弱く早く発音されているため、我々日本人にとって非常に聞き取りづらい。

Paragraph 2

The first story is about connecting the dots. I dropped out of Reed College after the first 6 months, but then stayed around as a drop-in for another 18 months or so before I really quit. So why did I drop out? It started before I was born. My biological mother was a young, unwed graduate student, and she decided to put me up for adoption. She felt very strongly that I should be adopted by college graduates, so everything was all set for me to be adopted at birth by a lawyer and his wife.

My biological mother was a young, unwed graduate student, and she decided to put me up for adoption: 意味的に重要な単語 (オレンジ色) が強くゆっくりめに発音され (オレンジ色の単語の太字の部分がアクセントの位置)、逆にそれ以外の部分 (黒字) は弱く早く発音されている。強く発音するときとは異なって発音されている単語もある。例えば、 “was” は強く発音される場合は /wʌ́z/ だが、ここでは弱く /wəz/ と発音されている。通常母音は、弱く発音されると全て /ə/ となる。

Paragraph 3

Except that when I popped out they decided at the last minute that they really wanted a girl. So my parents, who were on a waiting list, got a call in the middle of the night asking: “We’ve got an unexpected baby boy; do you want him?” They said: “Of course.” My biological mother found out later that my mother had never graduated from college and that my father had never graduated from high school. She refused to sign the final adoption papers. She only relented a few months later when my parents promised that I would go to college. This was the start in my life.

My biological mother found out later that my mother had never graduated from college and that my father had never graduated from high school: 意味的に重要な単語 (オレンジ色) が強くゆっくりめに発音され (オレンジ色の単語の太字の部分がアクセントの位置)、それら以外は弱く早く発音されている。 “from” は強く発音される場合は /frʌ́m/ だが、ここでは弱く /frəm/ と発音されている。

Paragraph 4

And 17 years later I did go to college. But I naively chose a college that was almost as expensive as Stanford, and all of my working-class parents’ savings were being spent on my college tuition. After six months, I couldn’t see the value in it. I had no idea what I wanted to do with my life and no idea how college was going to help me figure it out. And here I was spending all of the money my parents had saved their entire life. So I decided to drop out and trust that it would all work out OK.

But I naively chose a college that was almost as expensive as Stanford: 意味的に重要な単語 (オレンジ色) が強くゆっくりめに発音され (オレンジ色の単語の太字の部分がアクセントの位置)、それら以外は弱く早く発音されている。 “as” は強く発音される場合は /ǽz/ だが、ここでは弱く /əz/ と発音されている。

Paragraph 5

It was pretty scary at the time, but looking back it was one of the best decisions I ever made. The minute I dropped out I could stop taking the required classes that didn’t interest me, and begin dropping in on the ones that looked far more interesting. It wasn’t all romantic. I didn’t have a dorm room, so I slept on the floor in friends’ rooms, I returned coke bottles for the 5 cent deposits to buy food with, and I would walk the 7 miles across town every Sunday night to get one good meal a week at the Hare Krishna temple. I loved it.

It was: “It was” は非常に早く弱く、 “t” が脱落気味で「イワズ」のように発音。 “was” は弱く発音される場合は /wəz/、強く発音される場合は /wʌ́z/。

that didn’t: “that” は「ザ」のようにほとんど発音されていない。 強調するため “didn’t” をかなり強く発音している。

It wasn’t: “wasn’t” は強調するために /wʌ́znt/ と強く発音されている。弱く発音される場合は /wəznt/。

didn’t have a: “have” の “h” が脱落し、その前の “didn’t” の “t” と “have” の “a” が連結して「ディドゥンタァヴァ」のように変化。 “have” は強く発音される場合は /hǽv/ だが、ここでのように弱く発音される場合は、/h/が脱落し /əv/ と発音される。

would walk: “would” は非常に弱く、かつ “d” が脱落気味で /wə(d)/ のように発音されている。強く発音される場合は /wúd/。

Paragraph 6

And much of what I stumbled into by following my curiosity and intuition turned out to be priceless later on. Let me give you one example: Reed College at that time offered perhaps the best calligraphy instruction in the country. Throughout the campus every poster, every label on every drawer, was beautifully hand calligraphed. Because I had dropped out and didn’t have to take the normal classes, I decided to take a calligraphy class to learn how to do this. I learned about serif and sans-serif typefaces, about varying the amount of space between different letter combinations, about what makes great typography great.

And much of what I stumbled into by following my curiosity and intuition turned out to be priceless later on: 意味的に重要な単語 (オレンジ色) が強くゆっくりめに発音され (オレンジ色の単語の太字の部分がアクセントの位置)、それら以外は弱く早く発音されている。

Paragraph 7

It was beautiful, historical, artistically subtle in a way that science can’t capture, and I found it fascinating. None of this had even a hope of any practical application in my life. But ten years later, when we were designing the first Macintosh computer, it all came back to me. And we designed it all into the Mac. It was the first computer with beautiful typography. If I had never dropped in on that single course in college, the Mac would have never had multiple typefaces or proportionally spaced fonts.

can’t capture: “can’t” は /kǽːnt/「キャーント」 だが、最後の “t” が脱落しており /kǽːn/「キャーン」のように発音。ちなみに、イギリス英語では /kάːnt/「カーント」。“can” は、強く発音される場合は /kǽn/。弱く発音される場合は /kən/。 “can’t” の “t” が脱落すると、“can” との聞き分けが難しいが、“can’t” の場合は、/ǽ/ を強く長めに発音される。

None of this had even a hope of any practical application in my life: 意味的に重要な単語 (オレンジ色) が強くゆっくりめに発音され (オレンジ色の単語の太字の部分がアクセントの位置)、それら以外は弱く早く発音されている。“of” は強く発音される場合は /ʌ́v/ だが、ここでは2つとも弱く /əv/ と発音されている。

Paragraph 8

And since Windows just copied the Mac, it’s likely that no personal computer would have them. If I had never dropped out, I would have never dropped in on that calligraphy class, and personal computers might not have the wonderful typography that they do. Of course it was impossible to connect the dots looking forward when I was in college. But it was very, very clear looking backwards ten years later.

And since Windows just copied the Mac, it’s likely that no personal computer would have them: 意味的に重要な単語 (オレンジ色) が強くゆっくりめに発音され (オレンジ色の単語の太字の部分がアクセントの位置)、それら以外は弱く早く発音されている。

Paragraph 9

Again, you can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something, your gut, destiny, life, karma, whatever. Because believing that the dots will connect down the road will give you the confidence to follow your heart. Even when it leads you off the well worn path, and that will make all the difference.

you can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards: 意味的に重要な単語 (オレンジ色) が強くゆっくりめに発音され (オレンジ色の単語の太字の部分がアクセントの位置)、それら以外は弱く早く発音されている。 “can’t” は /kǽːnt/「キャーント」 だが、最後の “t” が脱落しており /kǽːn/「キャーン」のように発音。 “can” は、強く発音される場合は /kǽn/だが、ここでは弱く発音されているので /kən/。 “can’t” の “t” が脱落すると、“can” との聞き分けが難しいが、“can’t” の場合は、/ǽ/ をより強く長めに発音される。

マンツーマンは和製英語。ワンオンワンのETNで本物のビジネス英会話力を。

English Tutors Network サイト